2009/7/1

カワラナデシコ  

クリックすると元のサイズで表示します

カワラナデシコ  「可憐」「純粋な愛」「大胆」

7月頃から秋にかけて可憐な花を咲かせる、秋の七草の一つです。
山地の草原や河原に生え、本州・四国・九州に分布する。

かつて中国産のセキチクをカラナデシコ(唐撫子)と呼んだのに対し、ヤマトナデシコ(大和撫子)と呼んだが、その清楚な姿から意味を転じ 日本的な女性のことを大和撫子と言うようになったといわれる

奈良の昔から多くの万葉歌人に愛され、たくさんの歌に詠まれている風鈴
カワラナデシコは古名をトコナツ(都古奈津)という。
常夏の意味は花期が長いことからつけたという

それからこの花の学名はDianths superbus...
意味は「神のごとき高貴な花」

今年も自然の中に咲いているこのカワラナデシコに出会えることが楽しみです 



1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ