2009/7/2

レモン(檸檬)  

クリックすると元のサイズで表示します

レモン  花言葉「愛」「情熱」

レモン(檸檬)はミカン科の常緑低木、またはその果実のこと。
別名 クエン  クエン酸の名はこれに由来

原産地はインド北部(ヒマラヤ)樹高は3mほどになる。枝には鋭い棘

花は紫色の蕾をつけ、白ないしピンクで強い香りのする5弁の花をさかせる。

果実は最初は緑で熟すと黄色になりライムにもよく似ている。栽培本数が少ないため国産のほとんどは地産地消されている。
主な輸入国はアメリカ合衆国  ポストハーベストの心配がない国内産が高値

果実はビタミンCを豊富に含んでいるのが特徴
レモン何個分のビタミンC含有などの単位のように使われている。

日本では強い酸味の中のほのかな甘さが恋愛、特に初恋と関連つけられることが多く
ファーストキスはレモンの味などと言われることがある。

作者の陽子さんは石仏で有名なところでレモンをはじめ、いろいろなものを栽培されている。いつも明るく、歌うようにお話されるレモンのように爽やかな方♪x3





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ