2009/7/20

ラベンダー  

クリックすると元のサイズで表示します

ラべンダー  花言葉「期待」「疑惑」「沈黙」

ラベンダーはシソ科の背丈の低い常緑樹であり、アロマセラピー、鑑賞用にされる。
春に紫や白、ピンク色の花を咲かせる。紫色の花が最もポピュラーであり、ラベンダー色とは薄紫色を意味する。
原産地は地中海沿岸といわれる。
ラべンダーには鎮痛や精神安定、防虫、殺菌効果があるとされる
Lavandulahaは「洗う」という意味のラテン語に由来する。これはローマ人たちが入浴や洗濯の際にラベンダーを湯や水に入れることを好んだためだという風呂

葉のみならず花も食用とされ、チャールズ1世の妃、ヘンリエッタ・マリアは、ラベンダーの花を刻んで粉砂糖と混ぜ、ローズウォーターでペースト状に練った砂糖菓子が大好物で、これをビスケットなどに塗って食べていたというパン

ラベンダーは種類が豊富でこの花はレースラベンダー。
レースのような美しい可憐なイメージをもつラベンダーの種類で
寒い冬や、酷暑の夏以外は長い季節花を咲かせる。
花色は美しいバイオレットブルー

日本では北海道の上川支庁富良野地方のラベンダー畑が有名


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ