2009/7/31

ハーブ三種  

クリックすると元のサイズで表示します

一見地味なお花の咲いてないハーブですが、描いている間もグリーンと香りで癒されました

ローズマリー
地中海沿岸原産で、シソ科に属する常緑性低木。生葉もしくは乾燥葉を香辛料として用いる。
属名Rosmarinusは「海のしずく」を意味する。愛や貞節の象徴とされる。
ポルフェノールの含量が非常に高く、優れた抗酸化力を発揮する。

シルバータイム
シソ科 耐寒性常緑低木。丸みのある葉に白い縁取りが入ってます。
花色は淡いライラック色
すがすがしい香りを持つタイムはその名前もギリシャ語の「thyo(よい香り)」「thyeim(香らせる)」からと言われています。

同じくギリシャ語で「勇気」をあらわす「thymos」に由来するという説もあります。
昔々古代ギリシャ時代、タイムの香りは男らしさを表すものだったとか・・・


ペパーミント
シソ科 ハッカ属 多年草
ペパーミントはギリシャ神話では ミントスという美しい娘が、地獄の神ハーデスに愛された。ハーデスの妻ベルセボネは嫉妬に狂いミントスを草にかえた。
それ以来ミントスはその香りで人々を魅了したとされている。

ペパーミント せいようはっか(西洋薄荷)
スペアミント おらんだはっか(和蘭薄荷)

作者の富美さんは日田から通ってくださってます。しかもハードな仕事の合間にです。
一見すると、ハープを奏でていそうな 長い髪の少女という感じです。

妖精のような不思議な魅力をお持ちの方です


















0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ