2009/10/29

真弓  

真弓さんという名前の女性もたくさんいらっしゃいますよね

日本と中国の林に自生する 落葉低木、または小高木。秋に果実と種子、紅葉を楽しむ庭木として親しまれている真弓。
花は初夏、新しい梢の根本近くにつきます。薄い緑で、四弁の小花。果実は枝にぶら下がるようにしてつきます。小さく角ばった四裂の実です
秋の果実の色は品種により白、薄紅、濃紅と異なるが、どれも熟すと果皮が四つにわれて、鮮烈な赤い種子が四つ現れます。

材質が強い上によくしなる為、古来より弓の材料として知られ、名前の由来にもなった。この木で作られた弓のことや、単なる弓の美称も真弓というそうです。
現在は印鑑や櫛、将棋の駒の材料として使われています。

春はこの若葉を菜飯(なめし)として食べると美味しいし、天麩羅やおひたしにもむくらしいです。


「深山辺(みやまべ)や 真弓よりこき色ぞなき 紅葉は秋の ならひなれども」
               土御門院(つちみかどいん)

作者のセツさんのご主人は山登りが趣味で、よく由布岳や久住連山にも登られてる。
毎年この時期になると 真弓に出逢い、実の色の美しさに感動しシャッターをきられるそう。

毎週ごとに実の色がだんだんと深紅色に変わる美しさに私たちも魅了されました

セツさんの娘さんはプロのクラリネット奏者の 飯島 泉さん♪x3
私もお会いしたことがありますが素敵な方で、たびたびテレビにも出演されています。

コンサート情報など、ご興味のある方は「シエナ・ウインド・オーケストラ」で検索してみてくださいね



クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/27

いちょう  

クリックすると元のサイズで表示します

中国原産の落葉高木。高さは20〜30m。
イチョウは色付いた時の美しさから、街路樹(銀杏並木)として、植えられているところも多いようです。

イチョウという名前は中国名、「鴨脚(イーチャウ)」が転訛して和名になったということです。
アヒルの足のような形の葉は、秋には黄色く黄葉し、落葉する。
中央の切れ込みがない葉もあり、よく見ると、細かい葉脈はふたまたにわかれ、その先がまたふたまたに分かれている。これを二又状脈という。

雌雄異株(しゆういしゅ)の木で、花弁を持たない不思議な花を咲かせます。花期は4月末〜5月で、風媒花といい風により受粉します。

イチョウの実(正式には種子)は銀杏(ぎんなん、ぎんきょう)といい、殻を割って調理されます。
表面が白くて、つるつるしているものが新鮮です。
種子は熱すると半透明の鮮やかな緑になり、彩りを兼ねて茶碗蒸しなどの具に使われたり、酒の肴としても人気があります。ただ、独特の苦味と若干の臭いがあるために敬遠する人も多いらしいのですが
私は大好きで、食べ過ぎをいつも気にしながらもついつい手がのびてしまうほどですが・・・
しかし、子供さんはあまり摂りすぎるとまれに中毒をおこすこともあるようです。

大人でも適量は20粒くらいだとか・・・
栄養は滋養強壮の食品として昔から食べられていたほど豊かです。

簡単で美味しいお気に入りの食べ方は、紙ぶくろに少し穴をあけたぎんなんと塩少々を入れ、電子レンジで2分ほど熱するだけ
もちもちして美味しいです

作者の直子さんは好きな音楽や洋服などがとてもよく似ています。
ついこの間は私が欲しいと思っていた服を直子さんがきていて、悔しいことにはとても似合っていた ということがありましたドレス

何でも着こなしてしまう、スタイルもいいしお綺麗な方ですが、一番の魅力は男前なところです
0

2009/10/19

スペシャルバック  

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

九月の誕生日に弥生さんが(*^_^*)しながら大きな包みをくださいました。
最初は花柄の毛布?とか思いましたら、しっかり広げると巨大なバック
なんと手作りなんです
驚くと同時にジーンと胸が熱くなりました。
まず、いままで弥生さんがお裁縫らしきものをしたのをみたことも、聞いたこともありませんでした。
それからこのバックは皮のように見える厚手のビニール製で、グリーンの裏地がついています。
さぞや縫うのに苦労されたでしょう
搬入・搬出の時に紙袋や小さな布袋を何回となく破っているのを見ていて、いつか一回でたくさん運べる、丈夫なものをと思ってくださっていたようです。

早速今回の搬入に使用させていただきました。
マチもあってほんとに、たくさん入りました。
これから作品展の度に活躍してくれそうです。大切に使いたいと思います

改めてありがとうございました

因みに上の写真は浩子さんからいただいた、ご本人も実践されている健康になるためのダイエット本。単行本です。ミス・ユニバース公式栄養コンサルタントの
エリカ・アンギャルさんが書かれた
題名は「世界一美女になるダイエット」
読んでからは朝はできるだけフルーツとナッツを摂るよう実践しています。
他にも、健康に美しく痩せる基本が満載ですよ

下の写真は新聞です。大きさがわかりますよね












0

2009/10/16

ホテイアオイ  

クリックすると元のサイズで表示します

ホテイアオイ  花言葉「揺れる想い」
南アメリカ原産で、水面に浮かんで生育する多年草。
花が青く美しいので観賞用に栽培されている。別名ホテイソウ、ウオーターヒヤシンス

水に浮くしくみは葉の柄の部分が空気をためて、布袋(ほてい)さんのお腹のようにふくらませるからです。

根はひげ根状のものがバラバラと水中に広がり、それぞれの根からはたくさんの根毛がでて 重りとして機能しているらしい。

夏、葉の間から茎をだし、直径3センチほどの青紫の花を咲かせる。
上部正面の花びらには薄紫色の模様が入り、その中央には黄色の斑紋がある。

路地での金魚飼育などの場合、夏の日陰を作るのによく、水質浄化に利用される一方
暖地では繁殖力が強いので、有害植物とされるところもある。

作者の裕一郎さんが最近ご夫婦で旅行されたベトナムでもよく見かけられたそうだ飛行機

お二人からお聴きしたベトナムは景色や人柄がのどかでとても良いところのようだ。
仲の良いお二人から聴いていると、私も行ったように幸せな気分になれてしまう
0

2009/10/14

ボタニカルアート展入選  


クリックすると元のサイズで表示します

9月に出品していたボタニカルアート展の入選発表がありました

今回は4人5作品が入選に輝きました。皆さん5〜9年続けられている方ばかり
日々の努力の成果が出て 嬉しいかぎりです。

このルドベキアを描かれた瑳好子さん

以前ご紹介したキャンベルを描かれた弥生さん

以前ご紹介した飾りトウモロコシを描かれたみや子さん
みや子さんはブラックベリーも同時受賞

それから今春山口に引っ越された照子さんが描いたポインセチア
嬉しいことに照子さんは山口でお教室をされるそうです
今後のご活躍も楽しみです

10月23日24日25日に東京の日展会館で入選作品の展示があります。
是非 機会がありましたら 過去の大賞受賞者の作品展示もありますので行かれてくださいね。

会場:日展会館

東京都台東区上野桜木2−4−1
рO3−3821−0453




0

2009/10/9

上野の森  

クリックすると元のサイズで表示します


我が家からすぐ近くの上野の森  植物の宝庫なんです。
毎朝お散歩される浩子さんが宝物を集めてきてくださいました
紅葉した柿の葉や桜の葉
お茶の花
木の実たち

このところめっきり朝晩が冷えてきて秋も深まりつつあります。




クリックすると元のサイズで表示します

これはクヌギの葉と実を描いたものです。

古名を橡(つるばみ)といい、古代には庶民の衣服の染料に使われたそうです。
材は、シイタケの原木などに利用されます

葉はクリに似ていますが、鋸歯(きょし)がちょっと違います。
実は一本の木にさまざまな実のどんぐりがなりかわいいいです。

どんぐりを包んでいるお皿を殻斗(かくと)といいクヌギは殻斗からたくさんのトゲがでていて それがまたかわいいですね









0

2009/10/2

作品展始まります  

クリックすると元のサイズで表示します

10月6日火曜日からステーキレストラン 「わか竹」併設ギャラリーでボタニカルアート教室の作品展を開催します。
四季の草花や果物を描いた作品25点あまりを月末まで展示しております
力作揃いなので、お時間があればお越しくださいね。

高台にあるので眺めは抜群です。とくに夜景が素晴らしいです夜
土曜日・日曜日はピアノの生演奏があり優雅な気分になりますピアノ

入ってすぐがギャラリーになっているので絵の鑑賞だけでも大丈夫ですよ

時間は11:30〜21:00までで、月曜日が定休日です。



クリックすると元のサイズで表示します

川は大野川で、駅は鶴崎駅・大在駅です。


わか竹
大分市大字迫字新澱742 大分キャノン事業所前

рO97−523−6700


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ