2009/11/12

サネカズラ  

クリックすると元のサイズで表示します

 サネカズラ    花言葉 「再会」

マスブサ科の常緑つる性木本。「実葛」と書きます。
別名「美男葛」(びなんかずら)ともいいます。こらは昔、つるの皮を剥いで つぶして水を加えてネバネバ状態になったものを、整髪料に使った為だそうです顔

赤い実は細かくくずして日干しにして乾燥させると、南五味子(なんごみし)という生薬になります。
滋養強壮・せきどめの薬になるそうです。

毎年この季節になると赤く熟した丸い実の集合果が、森の中で宝石のように輝いてみえます。
先日の上野の森アート・フェスタでも出逢えました

百人一首にも詠まれています。

  「名にし負はば逢坂山のさねかずら 人に知られでくるよしもがな」

忍ぶ恋の歌ですが、つるに縁結びを託すところもあったのでしょうか




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ