2010/2/28

ねこじゃらし  

クリックすると元のサイズで表示します

エノコログサ     花言葉「愛嬌」(あいきょう)

夏から秋にかけて緑色の花穂をつけ、道端や畑などでよくみかけるねこじゃらし
猫の首のところをじゃらすと喜ぶことから この名前になったらしいです。

実はこれは俗称で 正式名はエノコログサ(狗尾草)といい、日本全土に分布する単子葉植物イネ科エノコログサ属の一年草。
「狗尾草(えのころぐさ)」は毛の生えた花穂が子犬(狗児(えのころ))の尾に似ていることからつけられたそうです。

小さい頃これでくすぐりっこをして遊んでいた覚えがあります。
花言葉の「愛きょう」というのもぴったりですね

作者の優子さんもとてもかわいい方で、動物や昆虫を愛する優しい方です。
優子さんも以前[プチ・ファーブル]で
ご紹介した熊田千佳慕さんの大フアンで、卒論も「てんとうむし」テントウムシ
の研究だったそうです。

今後は昆虫をいれた植物の生態画を描いていきたいそうですよ
とっても楽しみです

花穂がたくさんで描きにくそうなエノコログサをしっかり観察して描いておられました。


クリックすると元のサイズで表示します

この原種のクリスマスローズ「ニゲル」は優子さんの最新作です。
お花の説明は以前しましたので省きますが、土も描かれ生態画に近ずいています。
私も大好きな純白のお花です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ