2010/10/7

向日葵  

クリックすると元のサイズで表示します


逞しく咲き誇る夏の花 ヒマワリ(向日葵)は、北アメリカが原産の一年草です。

和名の由来は、太陽の動きにつれてその方向を追うように花の向きが変わるといわれたことからだそうです
実際に太陽を追って動くのは成長が盛んな若い時期だけで、若いヒマワリの茎の上部の葉は太陽に正対になるように動き、朝には東を向いていたのが夕方には西を向きます。
この運動は蕾をつける頃までだそうで、花が咲く頃には動かなくなるようです。

ヒマワリの種は北アメリカでは、紀元前からインディアンの食用作物として重要な位置をしめており、
17世紀になりフランス、ロシアに伝わり、日本にも江戸時代に伝来しました。

他にも向日葵は「迎陽花(げいようか)」「黄金日車(こがねひぐるま)」などの別名があり、英名では「サン・フラワー」といわれます

 髪に挿せばかくやくと射る夏の日や 王者の花のこがねひぐるま
                     与謝野晶子



この絵の作者直子さんはヒマワリのように逞しく、手足の長い美しい方です
そして、映画が大好きな方でいつも映画情報を教えていただいてます。

ヒマワリは真ん中の管状花が複雑なために、描くのに根気のいる花ですが、しっかり細かく描かれています。

ヒマワリと言えば わたしは ソフィア・ローレン主演のイタリア映画「ひまわり」の音楽と永遠に続くひまわり畑のラストシーンを想い浮かべてしまいます。

花言葉は「あなただけをみつめます」「光輝」「熱愛」です

0
タグ:



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ