2010/10/24

スープ・オペラ  

クリックすると元のサイズで表示します

大切にしたい人がいる。思いはいつも、つながっている。 というサブタイトルの「スープ・オペラ」観にいきました。

坂井真紀さんが演じる主人公ルイは図書館に勤める独身女性。
古いけど素敵なお庭のある家に、幼いころから母親代わりに30数年一緒に住んでいた 加賀まりこ 演じる叔母が突然年下の医者と結婚して 無医村に行ってしまうところから物語は始まります。

そこにある日ひょんなことから 藤 竜也演じる変なおじさん(トニーさん)
と妙に明るい若者がころがりこんで 三人の生活が始まり、ルイの人生は輝きを増していきます。トニーさんのジーンズとアロハシャツ姿が素敵ですし、愛しく思っているルイがピンチになったときの男気に溢れた演技もさすがです。お父さんおいくつになられるのでしょう

原作者は阿川佐和子さんです。

台所が重要な役割をしていました。清潔そうでぬくもりのある理想的な台所  
叔母から伝えられた時間をかけてコトコト煮込んだ滋味深い「ルイの鶏がらスープ」に三人の顔が思わずほころびます。心にも染みて癒されるのでしょう

ルイの競争できない走りっぷりと背筋の伸びた美しい姿勢が心に残りました。
それから素肌感と透明感も



きちんとごはんを作ること、それはきっと、きちんと生きること。だれかと一緒に食べること。それはきっと、一生の友をつくることという言葉も心に残ります。

食べることって重要なことですよね



音楽もパリをイメージする曲調でよかったですフランス

愛情に包まれたファンタジックな映画でした。

シネマ5で今週まで、毎日一回まだ上映されてますよ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ