2011/1/31

からすうり  

クリックすると元のサイズで表示します

ウリ科の植物でつる性の多年草。原産地は中国・日本で、日本では本州・四国・九州に自生します。

秋も深まるころ、立ち木に絡みつく蔓に、赤い卵をぶらさげたような実をならせるカラスウリは、咲く花が少なくなる晩秋を紅く彩ってくれます。

この絵は富美さんが夏の白いレース状の花の頃から描きはじめられ、緑の縦じまの実から朱く色付き

葉が紅葉するまでを描かれたものです。

この花は見たことのある人は少ないのですが、実は宵闇とともに開いて、明け方には萎んでしまう一夜花なのです。

この夜に白く浮かび上がるように咲く幻想的なこの花をゲットするために、夜に近所で悪戦苦闘していて不審者にまちがえられそうになった という富美さん。
しっかり冷蔵庫に保存して描かれました。

私も本では見たことがありましたが実物は初めてで、自然の美しさに感動しました。

花言葉は「よい便り」「誠実」だそうです。

調べてみると、一夜しか咲かない一夜花というのは他にも、ユウガオ、マツヨイグサ、オシロイバナ、ゲッカビジンなどあるようです。

名前の由来は紅く熟した実を烏が好んで食べるから付けられたそうです。

別名「玉章(タマズサ)」とも言われますが、これはこの種子が大変変わった形をしていて、黒い俵型の種子の中央に帯を巻いたような膨らみがあり、これが結び文のようだということから言われたらしいです。ちょっとロマンチィックですが・・・

富美さんも友人の方から種が変わっているとお聞きしたと言われ、皆興味津々で熟れた実から取り出しましたが、カマキリの頭のようにもみえました。

でも良く見ると打出の小槌にもにているのですよ
後で聞くと本当に財布の中にいれておくとお金が貯まると言われているそうです$

結局数人の方に分けたのはいいのですが、私のぶんが

そんな実も後で加えて、思い出に残る楽しい作品になりました。

花から実から種 ボタニカルの神髄ともいえる、構図も素晴らしい作品です

富美さんは日田からいらしてくださってます。
雪が溶けたら「すみれ」を描かれるそうです。私の好きな花でもありますので楽しみです


6

2011/1/29

朮(おけら)  

クリックすると元のサイズで表示します

キク科オケラ属の多年草。学名はAtractylodes japonica
Atractylodesは、ギリシャ語の「atrakton(紡錘)」が語源。硬い花の形に由来か『紡錘(ぼうすい)』とは糸を紡ぐためのもので両端がとがった円柱状のものだそうです。

なんとなくわかる気がします。

本州から九州、朝鮮半島、中国東北部の草原や林道のように明るい場所に分布しています。
花は白とごくうす〜いピンク色で、アザミに似て筒状花だけの房状の頭状花序となります。

根茎は白朮(ビャクジュツ)と称する生薬だそうです。
白朮は芳香性の精油を含み、健胃用などに用いられます。

古名は「うけら」で、しだいに「おけら」になったらしいです。「をけら」とも書きます。

京都の八坂神社の「をけら詣(まい)り」は大晦日から元旦にかけて、社前でおけらの根を入れて篝火(かがりび)を焚く行事は、参詣人はその火を縄に移して消えないように、振りながら持ち帰って
神棚や仏壇の燈明に点じ、また元旦のお雑煮を作る際の火種にして一年の無病息災を祈るのだそうです。

おけらはそんな“厄除け”の植物でもあるのです

これは千鶴子さんの作品です。エイ子さんがもって来られたのを描かれました。
この時は絵のように枯れてましたが、それがなおさら風情がありました。

葉の紅葉も細かく点描されています。いつもとてもおしゃれな方です


「恋しけば 袖も振らむを 武蔵野の 
うけらが花の 色に出なゆめ」      万葉集
5

2011/1/26

オリーブ  

クリックすると元のサイズで表示します

モクセイ科の常緑高木です。地中海地方が原産とされ、葉が小さくて、比較的乾燥に強いことからスペインやイタリアなどの地中海地域で広く栽培されているいます。

多くの品種では自家受粉できない。DNAが同一の花粉には反応せず実をつけないことが多い。この為、オリーブは二本以上隣接して植えた方が良いとされています。

二本での栽培は香川県小豆島で1910年頃はじめて栽培に成功して、現在は香川県・岡山県などで栽培されています。
香川県の県の木、県の花に指定されています

オリーブには多くの品種があり、品種によって味や油の含量が違い、加工用、採油用など用途が決まっており、
加工製品には緑果塩蔵、熟果塩蔵、ギリシャ風オリーブ、干しオリーブなどがあります。
油は熟果の果肉からオリーブ油、核果からはオリーブ核油がとれ、核油はサラダ油、薬用、せっけんなどに用いられます。

オリーブの枝は、ハトとともに平和の象徴とされることが多いのですが、アヒル
これは『旧約聖書』の「神が起こした大洪水のあと、陸地を探すためにノアの放ったハトがオリーブの枝をくわえて帰ってきた。これを見たノアは、洪水が引き始めたことを知った。」との一節に基ついているそうです。
国際連合の旗のデザインにはオリーブの枝があしらわれています。

この作品はセツさんが横浜の娘さんのお宅のオリーブを一枝持ち帰れられ描かれたものです。
なかなか大分でこんなにたわわに実をつけたオリーブにおめにかかることはありません。

私も描きたいと思いながらも描いていないオリーブを素敵に描いてくださり嬉しかったです

昨日で県庁新館ロビーでの作品展も終わりました。
沢山の方々に見ていただけたことに心から感謝いたします。
県職員の方々にも長い期間、大変お世話になりました。







3

2011/1/23

シクラメン  

クリックすると元のサイズで表示します

シクラメンはサクラソウ科シクラメン属に属する多年草。地中海地方原産で、夏季は秋から春。

冬に長く咲いているので鉢植で、楽しまれています。
和名は「豚の饅頭(ブタノマンジュウ)」「篝火草(カガリビバナ)」の二種類があるそうです。

前者は球根が原産地のイスラエルやトルコで豚のえさになることから命名されたようですが、ちょっとかわいそうですよね。
篝火草は「これは篝火のような花ですね」という貴婦人の言葉を聞いた牧野富太郎が名つけたそうです。

この作品はみとりさんがミニシクラメンを、根から掘り出して描かれたものです。
爽やかでいて、緻密な作品にしあがりました。蕾の時もかわいらしいですね。


花言葉は「清純」「思慮深い」「内気」「はにかみ」です。


「真綿色したシクラメンほど清しいものはない 出会いの時の君のようです」♪x3この曲は私の尊敬する植物画家の小宮和加子先生が ご主人の転勤先のブラジルでいつも正座しながら聴いていた、といわれていたのを思いだしますが、 私もなんて美しい曲だろう
と思って感動した記憶があります。因みにこの曲のタイトルは「シクラメンのかほり」ですが、あまり実際の香りは強くないようです。

今夜久しぶりに聴きたいと思います

2

2011/1/21

アンコールワット展  

クリックすると元のサイズで表示します

現在大分県立芸術会館で開催中の世界遺産アンコールワット展に行ってきました。

「アンコールワット遺跡群」はカンボジア王国にある東南アジア最大規模の文化遺産で、1992年にユネスコの世界遺産にも登録されました。
この文化遺産は600年にわたる栄華の大寺院、そこにはアンコール時代に制作されたたくさんのヒンドゥー教の神像や仏像が安置されていました。

アンコール王朝は、6世紀頃からクメール民族によってこの地に開かれ、ヒンドゥー教、仏教の美術が花開きました。

友人のユネスコ運動推進員をされているdaikannyamamariaさん
http://ukikomaria.exblog.jp/から昨年写真を見せていただいたばかりだったので楽しみにしていました。

本当に少しだけですが、 八百年の眠りから覚めた、神秘の微笑みに出逢い、アンコールの遺跡の神々の息吹を感じれたような気がします。

二枚の写真はマリアさんが現地で撮られた写真です。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

今回の最大の見どころは 2001年 上智大学石澤良昭先生率いるアンコール遺跡国際調査団がバンテアイ・クデイ遺跡で発掘した仏像11点が含まれていることです。

石澤先生はその地域の文化・社会を尊重しながら文化協力を進めていくというお考えのもと
「カンボジア人による、カンボジア人のための、カンボジアの遺跡保存修復」、に40年間
ご尽力されていらっしゃるそうです。

23日(日曜日)までです。お見逃しなく


0

2011/1/18

山アジサイ  

クリックすると元のサイズで表示します

アジサイを大きく分類すると
ガクアジサイ  日本原産で別名「ハマアジサイ」と呼ばれるように、伊豆や房総の海岸付近の山地に自生していて、葉が大きくて厚く、光沢があり、花もおおきく青花です。  

ハイドランジア  別名「西洋アジサイ」と呼ばれ、江戸時代から明治時代にかけて日本や中国のアジサイがヨーロッパに渡り、改良されて日本に逆輸入されたものです。ピンク系の花の改良が進んでいます。

ヤマアジサイ  別名「サワアジサイ」と呼ばれるように、太平洋側の山地に自生して、小型で枝の細く、葉先が尖り、光沢がなく薄いです。関東では白花が多く、西日本では濃青花が多くみられます。
ガクアジサイより早く咲きます。

このみやこさんの作品はヤマアジサイで「黒姫」という種類だと思われます。

私は梅雨の時期になると咲くアジサイが子供のころはあまり好きではありませんでしたが、ここ10年くらいは咲くのが待ちどうしいくらい好きです。
特にヤマアジサイは風情があり、名前も「伊予の薄墨」「紅の白雪」「静香」「紅」「舞妓」etc.
日陰をぱっと華やかに彩ってくれます。

花言葉も一般的なアジサイが「移り気」「辛抱強い愛情」「高慢」であるのに、ヤマアジサイは「乙女の愛」「切実な愛」なのです。

アジサイの名前は、やまと言葉の「青い花が集まって咲く」という意味である「あず(集)」「さい(真藍)」が語源とされてます。

箱根の登山鉄道からのアジサイの眺めがすばらしいとお聞きし、一度訪れたいところの一つになってます

この作品は去年の東京でのボタニカルアート展にみやこさんが入選された時の作品です
今年は何を描かれるのか 今から楽しみです




上野の森の浩子さんのお宅付近はまだ雪が残っているそうです。ウサギです
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/1/16

雪とコンソート  

クリックすると元のサイズで表示します

昨日からの雪で昨夜から今朝にかけて一面の銀世界となりました。
大分では10年以上このような大雪はなかったそうです

この雪だるまは近所の美容室のお子さんとおじいちゃまが一緒につくられたそうです。
なんだか愛嬌があって可愛いでしょう

雪がふって寒いのはいやですが、こんな光景に出逢うとまんざらでもありません
昨夜の雪も幻想的にさえ感じました。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな余韻の中、行ってきました。ルーテル大分教会で行われた〜御名において  福岡ガンバコンソート演奏会♪x3

友人の香代美さんが出演されるとお聞きし、二か月前から楽しみにしていました。

皆さんはヴィオラ・ダ・ガンバという古典楽器をご存じでしょうか
私は見るのも、聞くのも初めてでした。
形はチェロに似てますが、大・中・小さまざまな大きさがあります。
膝の間に縦に構えて弓で弾く弦楽器。16〜17世紀のイギリスでたいへん愛好されていたそうです。
当時は人に聴かせるというよりも、家庭に招いた客人たちと食事を楽しんだ後、一緒に演奏してひとときを過ごすためのものだったよう
ナイフとフォークをガンバと弓に持ち替え、言葉を音に置き換えて親密な会話をたのしんだのでしょうか

響きのよいガラス張りの素敵な教会で聴くガンバの調べは、厳かでいて、親しみ深く
安らぎを感じるの音色でした。

ゲストでいらした東京でご活躍されている福沢 宏さん(東京芸術大学古楽科講師)
の演奏を聴いてしまったら 
一瞬にしてハートわしつかみ状態におちいりました
一緒に行った尚美さんも同様だったようです。

それはそれはお伝えできないほど素晴らしかったです
ずっと聴いていたいと思いました。

7人の演奏者はそれぞれ福岡・熊本・長崎・大分の方からこの日のために大分で初めてのガンバコンソートに集まられたそうです。

香代美さんはギターの演奏家としてご活躍でしたが、ガンバはまだ初心者だそうです。


クリックすると元のサイズで表示します

右端が香代子さん、左端が慎二さんです。お二人とも上野の森アートフェスタでご一緒させていただいたのが縁で交流いただいています。

因みに三人のガンバはバス、あと小さくなるとテノール・トレブルとサイズで音域が分かれているそうです。



ゆったりとした素敵な時間をありがとうございました。
大分でガンバコンソートがまた行われますことを心から切望します

クリックすると元のサイズで表示します
近代的でモダンな建物ですが、以前リュートというこれも古典楽器のコンソートがあり、行ったときから音響がよく素晴らしい空間だと思ってました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ