2011/12/16

磯菊  

クリックすると元のサイズで表示します

イソギクはキク科の多年草で、千葉県犬吠埼(いぬぼうざき)から静岡県御前崎(おまえざき)に到る太平洋岸に分布します。

崖に生育する場合は株状となりますが、平坦地では地下茎により広がりカーペット状に生育します。

葉は長さ4〜8センチで厚く 裏面には白毛が密生しており、銀白色という感じです。

毛は葉の縁まであるので 表面から見ると葉が白く縁どられているようにみえます。

毛の多さは海岸崖地という乾燥しやすい生育立地に適応したものだそうです。

温暖な地域では庭園のグランドカバーとして植栽されたり、鉢物として栽培されていることも多いようです。

花は花びらをつけない状態で、小さな黄色の花が散房状に群がるように可愛い花を咲かせます。

花言葉は「感謝」です。

作者の英昭(ひであき)さんはエイ子さんのご紹介で最近始められたのですが、見事な出来栄えです。

金継ぎ茶教室の先生で、忘年会では竹を削ってバターナイフなどを作りプレゼントにされた、とても器用な方です。

今後が楽しみです


6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ