2012/1/19

今日と明日の間で  

クリックすると元のサイズで表示します

シネマ5で上映中の 世界的に活躍する大分出身のバレエダンサーである首藤康之さんを追ったドキュメンタリー映画を観ました。

まずは現在首藤さんが主宰している東京のTHE STUDIOでの自身の練習風景から・・・

そして大分川の土手での15歳の転機を吐露する場面

ゆっくり話す方とした語り口と、キラキラ輝く瞳に一つのことに夢中になって生きている首藤さんの自信と誇りを感じました。

”今日、今この瞬間”に、すべての意識を集中して
夢中になって打ち込んでいれば、明日の心配はいらない

という言葉どおり
自分に与えられた才能と一心不乱に真摯に向かい合い生きる姿は、普段私たちが意識することを忘れている”とてもシンプルだが最も大切なこと”
に気づかせてくれる。


40歳の首藤さんにとって、現役で踊れる期間が短いといわれるバレエの世界において

「肉体はだんだん衰え、精神は円熟するといわれます。だが、僕は年々ダンスを続けていると、好奇心が生れ、そこに答えを出したくなる。やめられない。成長していると感じなれるのです」

という言葉どうりますます進化し、成長されるのが楽しみです。

新作ソロダンス「Between Today annd Tomorrow」は椎名林檎が、自身初のダンス音楽を作編曲、且つ演奏したもので

映画の最後に踊りますが

素晴らしいです

二月一日までシネマ5で上映せれていますし、全国でも上映されます。





5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ