2012/10/18

夏椿  

クリックすると元のサイズで表示します

ナツツバキはツバキ科ナツババキ属の広葉高木。
別名はシャラノキ(娑羅木)

お寺によく植えられています。

お釈迦様がなくなったときに近くに生えていたことで有名な「沙羅双樹(さらそうじゅ)」と呼ばれることもありますが、それは間違いだったらしいです!!

昔、ある僧侶がナツツバキを見て沙羅双樹の木と思い込みひろめたことから、今でも別名として残っているらしいのです。

けれどほんとに上品な白い花で、梅雨の時期に緑の中でぱっと開く姿にははっと息をのむような美しさを感じます。

花びらのふちには細かなプリーツが入り繊細でやわらかです。

そして何より蕾がかわいいのです!!

光沢のあるベルベットを思わせる質感を栗林さんが見事に描いてくださいました

一番時間をかけた作品だそうです。

いつも研究熱心な栗林さん。

今後も奥様といろいろな野草を育て描いてくださいね。

因みにお釈迦様が悟りを開いたのは「インド菩提樹」の下だそうです







3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ