2013/3/30

最終目的地  

クリックすると元のサイズで表示します

シネマ5で上演されている映画「最終目的地」

ほんとに良かったです

まるで文学のようなペース、うっとりする音楽、素晴らしい撮影や美術


惹きこまれて観ました!!

クリックすると元のサイズで表示します
2

2013/3/20

ボストン美術館展  

クリックすると元のサイズで表示します

ぎりぎりに行くことができた九州国立博物館で開催されたボストン美術館展

ボストン美術館には、世界に誇る日本美術の名品が数多く所蔵されています。

今回は在外二大絵巻といわれる「吉備大臣入唐絵巻」と「平治物語絵巻」を全巻公開されているのと、貴重な奈良時代の「法華堂根本曼荼羅図(ほっけどうこんぼんまんだらず)」、祥啓筆「山水図」に代表される中世水墨画、長谷川等伯や尾形光琳など近代絵画の巨匠たちの名品を紹介するもので、まさにボストン美術館史上最大規模の日本美術展。

鮮やかな色彩を取り戻した十三世紀の重命筆「四天王像」、当初のダイナミックな襖絵の姿に生まれ変わった十八世紀の奇才・曽我廠白(そがしょうはく)筆「龍雲図」です。
図録の絵がそうです。


クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら九州国立博物館での開催は終わりましたが、これから大阪市立美術館で開催されます。

刀剣や印籠といった日本の伝統工芸作品には特に惹かれるものがありました

日本の美術品の素晴らしさにあらためて気づかされた時間でした。
2

2013/3/12

百花繚乱  

クリックすると元のサイズで表示します

暖かくなりました。まさに春です!!

私の中でこの「むらさきはなな」と「菜の花」は春を呼ぶ花です。
そして大好きな花たちです。
戸次産!お持ちくださった千久代さんのように元気です。



クリックすると元のサイズで表示します

エイ子さんが育てられた椿たち。
毎年いろいろな種類が咲きます!!


クリックすると元のサイズで表示します

これも好きなクリスマスローズ!!

原種の白と濃いピンク

早く描かなきゃと気持ちはあせり・・・・
けれど見ているだけでも嬉しくなります。
4

2013/3/2

出会橋と轟橋  

クリックすると元のサイズで表示します

奥嶽川流域の清川町平石地区は深い渓谷であるが故に、渓谷を隔てた両岸の人々の往来が阻まれていましたが、過酷な自然条件を克服するために、大正13年、アーチ式石橋「出会橋」が架けられ,文字通り両岸の人々が出会うことができました。

出会橋から下を覗いたところですが、わたしはこれだけでドキドキ
下までは行けませんでした
が大分学の皆さんは元気!!何人かはすでに降りてますね






クリックすると元のサイズで表示します

昭和9年には国有林から木材を搬出するために
森林鉄道が建設され、奥嶽川を渡る鉄道軌道用の巨大なアーチ式石橋「轟橋」を
架設、清川町の発展に大きな影響を与えました。







クリックすると元のサイズで表示します

近くの豊後有機農園でパンを選び、美味しいコーヒーとともにいただきました。

カラダにやさしくココロが喜ぶパンだそうです。


クリックすると元のサイズで表示します

最後に犬江釜峡(けんこうふきょう)で活用例の説明をうけます。

カヌーをしている方が手を振ってくれていました。


盛りだくさんの豊後大野の旅も終了!!

ほんとに感謝の一日でした。

日本文理大学の杉浦嘉雄先生はじめ、各ボランティアの方々大変お世話になりました

また是非ゆっくり訪れたいです

4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ