2013/12/28

能楽の祭典  

クリックすると元のサイズで表示します


何年前か少し能楽に興味をもち何回か通った観世流山本章弘さんの能楽講座。

今回は平和市民能楽堂で能楽の祭典として開催されました。

私はやはり最後の演曲でしたが山本さんの能「土蜘蛛」

が一番楽しめました。

重い病に伏せる源頼光の元へ、侍女の胡蝶が処方された薬をもってくる。
心細くなっている頼光を励ますも、病は重くなる一方だった。

夜が更け、頼光の元に見知らぬ僧が現れ、病状をたずねる。

頼光は不審に思い、近づいてくる僧を良く見ると、蜘蛛の化け物であった。

病の原因は蜘蛛であったと悟った頼光に、僧は糸を投げかけからめようとする。

頼光がとっさに枕元にあった源家相伝の名刀「膝丸」を抜いて切りつけると、僧は姿をけしてしまう。
何事かと掛けつけてきた侍臣、独り武者に、頼光は一部始終を語る。
それを聞いた一人武者葉、従者とともに武装をして、流れた血痕を頼りに蜘蛛の化け物を追っていく。
ある古塚に行き当たった一行はすぐに突き崩し石を掘り返す。すると塚の内より土蜘蛛の精があらわれる。

土蜘蛛は蜘蛛の糸を投げかけ苦しめるが、一行は果敢に戦い、ついに切り伏せ退治する。

独り武者葉土蜘蛛の首を落としたとし、これで頼光の病も治るだろうと喜んで京へと帰っていくのだった。


というあらすじ

瞬きもできないほどの迫力ある演技に4時間も座っていたことも忘れ見入っていました。

所作や一瞬の動きが素晴らしい!!

日本の伝統芸能です。


もちろん「楊貴妃」も幽玄な世界を堪能できてすばらしかったです。

また機会があれば見たいと思いました。


4

2013/12/20

(「しおん」での忘年会  

クリックすると元のサイズで表示します

中央町の白いビルの4階ここが今年の忘年会の場所でした。
湯布院から毎日通っていらっしゃる御夫妻の営まれているおみせ。

御夫妻のように暖かなお店です。けれど案外広くてとても余裕のある造りになってます。



クリックすると元のサイズで表示します

毎年恒例で石井さんが司会をつとめてくださり、このあと私の乾杯で宴がはじまります。

今回も43人という沢山の方々にいらしていただき一緒に食べて、飲んで、歓談できますことに乾杯。ワインプレゼント




クリックすると元のサイズで表示します


まずは自己紹介

いつもはいっしょに描かない違う日のメンバーが昔からの知人だったり・・・もりあがります!!
クリックすると元のサイズで表示します


豪華景品があたるくじでもりあがったあとは最後のプレゼント交換です!

なかなか音楽が流れず、アカペラで・・・・


楽しい時間があっという間にすぎてしまいましたが、よく飲み食べしました!!

これから二次会都町へと向かいます


皆さんのクリスマスや忘年会はいかがだったでしょうか。

残り今年も5日となりました。

慌ただしい毎日だとおもいますがくれぐれも事故や風邪ひきなどにご注意されよい年末をお過ごしくださいませ。

そして来年も美しい花の姿を描きましょう!!
3

2013/12/12

東京ボタニカルアート展  

クリックすると元のサイズで表示します

今年も日本園芸協会主催のボタニカルアートコンテストに教室から5人の方が入選されました。毎年賞をいただけることに感謝しています。

この作品は三回目のチャレンジにして入選された裕一郎さんの作品です

赤い一重のバラと薔薇の実が生き生きと描けて華やかな作品です。

十月の後半、日展会館に展示されていました。


後の受賞者はナズナを描いた浩子さん

彼岸花を球根から枯れたところまでを描かれた弥生さん

シロツメクサという地味だけれど可憐な花を根気強く描かれた冨美さん

アンスリュウムを大胆な構図で鮮やかに描かれた延子さん


浩子さん、弥生さん、冨美さんの作品は以前にブログアップしています。

冨美さんと延子さんは授賞式にも行かれ様子を写真に収めてくださいました。


来年も皆さんがんばりましょう!!

そして東京で美酒をカクテル

2

2013/12/4

国立故宮博物院  

クリックすると元のサイズで表示します

芸術と食欲の秋をいいことに久しぶりのブログ更新でした!!

今回は10月の中旬に行った国立故宮博物館のことを思い出しながら書きますが、まだまだいろいろな出来事、小宮先生の出版記念作品展に東京まで4人で伺ったことなど・・・・

あります!!

年末、年始までぼちぼち更新していきますね。


国立故宮博物館は1925年に北京の紫禁城、すなわち名称の由来となった「故宮」で設立されました。1931年日本による中国侵略戦争の戦火、終戦後は中国国内での内乱から美術品を守るべく海をこえ台湾の地に輸送

1965年、現在の台北士林に博物院が再建されました。

現在では世界四大博物館の一つに名を連ねています。

宋・元・明・清時代の宮廷における極めて豊かな至宝、約65万点が収蔵されています。

とにかく私たち娘・母との珍道中の中ゆっくりと、全部見ることは不可能

とりあえず有名な何点かをこの目に収めたのでした。

ゆっくり堪能するには少なくとも丸一日はかかります


翠玉白菜(ツエイユイーバイツアイ)は翡翠の原石の色合いを見事に生かして白菜を表現。
清廉潔白を象超する白菜。その葉には多産(子孫繁栄)を意味するキリギリスとイナゴが一匹ずつ彫られている。この作品は清朝末期の光緒帝の妃が暮らしていた離宮に保存されていました。
そのため、妃の嫁入り道具だったのではとかんがえられています。

私は個人的には青磁の碗に心ひかれました。

三希堂(サンシータン)という四階にある眺めのよいレストランでの点心料理がとても美味しく良かったです。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ