2011/4/7

姫こぶし  

クリックすると元のサイズで表示します

この姫こぶしは毎年この時期になると大分東高校あたりのお宅に咲いているのを、今年も眺めていた茂子さんに、そのお宅の方がどうぞ と折ってくださった枝だそうです。

箱に枝をとめて、自然な姿を描くのに苦労されていました。

繊細な細い花びらが見事に描かれています

花言葉は「友愛」「歓迎」「友情」です

以下今回は茂子さんがコメントをくださいました。

「冬枯れの大地より一斉に芽吹く春の花々は、可憐さの中に命の力強さを秘めています。
厳しい時を耐え忍び、春の訪れを告げてくれる花々に生き方をおそわります。

震災後、当たり前と思って来た日常が本当はそうではないと気付かされ、祈るような気持ちで描きました。

日本中が花々で満ち溢れる春が来ることを心から信じ、祈ります」


8



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ