2011/7/18

きょうがのこ(京鹿の子)  

クリックすると元のサイズで表示します

この花をエイ子さんがお持ちになった時に「なんて可愛くて可憐な花だろう」と感動しました。

名前を聞くともっと感動!!ぴったりの名前なんですから・・・・

この花を京都に恋して年に何回も行かれる尚美さんが描かれました

尚美さんもこの花のように可憐で可愛い方なんです。

バラ科シモツケソウ属の多年草で、日本が原産です。

花は枝先に小さな淡紅紫色の5弁花を密につけ、茎や葉柄も紫紅色を帯びています。

変種に白色の花を咲かせるものがありますが、これは「ナツユキソウ」と呼ばれています。

「京鹿の子」とは京都で染めた「鹿の子絞り」のことで絞り染めの一種で、鹿の斑点のような模様をぎっしり並べたピンク色の絞りのことです。



これを書いてる端から私も京都に行きたくなる想いがつのります 

クリックすると元のサイズで表示します本当に細かく描かれています。
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ