2012/1/28

一花(いちか)ちゃんとパンジー  

クリックすると元のサイズで表示します

パンジーはスミレ科の一年草で三色すみれとも呼びます。
日本には江戸時代に渡来し、ユウチョウカ(遊蝶花)などと呼ばれて親しまれてきました。

最近は品種改良が進み、いろいろな色や品種のものを長い期間楽しむことが出来るようになりました。
フランス語で物思いを意味する「パンセー」からパンジーと名づけられたそうです。

この絵からも下を向いた物思いにふける人のようにも見えますね

花言葉は「思想」「私を思ってください」です。

聖バレンタインが投獄された時に、牢獄の窓口に咲いたスミレの花のハート型の葉を「私を忘れないでください」というメッセージと共に鳩に託したとの伝説から、ヨーロッパでは、パンジーはバレンタインに恋人に贈る花・愛の花として親しまれています。


シェークスピアは「真夏の夜の夢」で、パンジーを媚薬として使い・眠っている間にその花汁をまぶたに塗られると、目覚めた時に最初に見たものに恋をするという喜劇を描きました。




クリックすると元のサイズで表示します

このパンジーは写真の奈央美さんが育児の合間に描かれた作品です。産まれて一年三か月の一花ちゃんを連れていらっしゃるのですが、かた時も目が離せません!!

けれど一花ちゃんがお腹にいる頃からずっと見ているので、ホントに可愛いです

今は大変な思いをしながら描かれていますが、一花ちゃんの誕生の時のチューリップの絵、夏のひまわり・・・・
きっと成長していく中でのお二人の思いでの作品となることでしょう。

一花ちゃんの名前の由来は
お花のように自然に、あるがままに、可愛らしくそして個性を大切に!

テーマソングは「世界で一つだけの花」だそうです♪♪♪




8



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ