2012/9/6

秋海棠(シュウカイドウ)  

クリックすると元のサイズで表示します

この作品は美枝子さんの作品で,
三年前に亡くなられた親友の方を偲び、その方の大好きだったこの秋海棠を描いて、今回大分銀行に展示させていただきました。


秋海棠はシュウカイドウ科ベゴニア属の多年草です。
貝原益軒「大和本草」には寛永年中、中華より初て長崎に来る。(中略)花の色海棠に似たり。故に名付く・・・とあります。

別名 瓔珞草(ヨウラクソウ)とも呼ばれます。

花言葉は「自然を愛す」「恋の悩み」「片思い」だそうです。

片思いはハート形の葉っぱの片方が大きくなるところから言われます。

真ん中の黄色い花弁がかわいい清楚なお花です。



クリックすると元のサイズで表示します

鹿児島出身の美枝子さんと頼子さん

小学校から高校までの大親友で、頼子さんは小学校の先生をされていたということから

先日追悼文集が出来上がりました。

読ませていただき、この秋海棠ののように、ほんのり暖かな気持ちになりました。

この絵は頼子さんのお母様に贈られるそうです。



  「秋海棠 西瓜(すいか)の色に咲けにけり」

                        松尾芭蕉



まさに秋到来です!!!

4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ