2012/9/12

佐脇健一展  

今日から始まる佐脇健一展
のオープニングに佐脇さんの説明をお聞きできると聞き急に思い立って大分市美術館へ行きました。

取材をうけられている最中だったので、一緒に行った三人でゆっくり見学しようと思っていたら幸運なことに菅館長さんがいらして、なんと直々に解説をききながら回ることができました。

佐脇健一さんは大分生まれで東京芸術大学卒業後は、多様な素材やメディアを駆使しながら、風景をうみだす彫刻家です。

その作品はブロンズや鉄を精巧に鋳造し、俯瞰的(ふかんてき)な風景として表現するもので、独自の小宇宙を実現させています.

クリックすると元のサイズで表示します

まずはフォトドローイングの世界から

モノクロ写真に油またはアクリル絵具で空を描き入れた作品です。
このたびの震災でも瓦礫の中から写真が拾い上げられる光景が繰り広げられました。
他者にとって無価値な個人の日常を記録した一枚の写真の意味を改めて問いかけてきます。

作者は地球歴から人間の生に至る「時間」軸を意識し、「空」を普遍的しるべとして、その下で繰り広げられる人間やその行為の痕跡を表現しています。

どの作品にも入れられた線が印象的でした。


一番好きだったのはウッドワーク

日本家屋に見られる神棚や仏壇、庭から生花に至るまで、神仏や自然を屋内空間に取り入れる日本独特の死生観や自然に対する考え方をBoxやキャビネット状の作品で表現したものです。屋内空間に小さな風景空間を持ち込み、人と自然の関係を主題にした作品です。

あと立体はもう一度ゆっくり伺いたいほどの内容量でした。

短い時間でしたが佐脇さんと直接お話しができ嬉しかったです。

木の箱を作りたいカギと思いお聞きすると、材料は樫の木で一つ一つ金具の部分まで佐脇さんが手作りされているとのこと。

来春の東京でも作品展では木の箱作りのワークショプも開催されるとのことでした。

今回は10月8日に小・中学生と保護者を対象とした、アルミ線で動物や車、飛行機などを作るワークショップが開催されます!

お早めに大分市美術館までお申し込みされてください。とのこと

菅館長さんの力のこもった説明を聞きながら充実した素敵な時間となりました


10月21日までです!!良い空間と時間が流れますよ


クリックすると元のサイズで表示します
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ