2013/7/6

かがり火草  

クリックすると元のサイズで表示します


かがり火草は別名タイマツソウともいいます。

その姿が松明(たいまつ)に似ていて他を圧倒するような鮮やかさで、燃えるような赤色から名前がつけられたようです!!


一方、西洋名のベルガモットは本来 柑橘系の樹木にベルガモットというとても香りのよい花をつける樹があってそれに良く似た香りを持つことから名づけられたそうです。

アールグレイの香りです。

この絵はNHK文化センターでの教室をお手伝いくださっている弥生さんが描かれました。

根気強く細やかに描かれていてすばらしい作品になってます


花を育てられたのはエイ子さんです。
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ