2018/9/11

ヘクソカズラ  

クリックすると元のサイズで表示します
この作品は70歳で平松学園園芸科に入学されて主席で卒業されたエイ子さんの作品です。

アカネ科ヘクソカズラ属のヘクソカズラ(屁糞葛)学名⁑paedia scacdennsh別名をヤイトバナ
(灸花)、サオトメバナ(早乙女花)といいます。

日本ではクソカズラ(糞葛・屎葛)と言った名前が付いており、日本、東アジアが原産地となってます。

つる性で葉や茎をもむと悪臭があるととが名前の由来、開花時期は7〜9月。花色は白色です。

ちょうど今に時期花がさいてます。

匂いに特徴があり、決して良い臭いとは言えない花です。

日本では万葉の時代から人々に身近な花々として存在しています。

ヘクソカズラは古くから、しもやけ、あかぎれに効果のある薬として使われていました。

他にも実を乾燥させ生薬としても利用されていました。匂いがきついためです。

花言葉は「人嫌い「誤解を解きたい」「意外性のある」です。





7



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ