2009/8/29

夏の夜の饗宴  

クリックすると元のサイズで表示します
昨夜はiichiko総合文化センター 音の泉ホールで行われたアルテヴィーヴァ第一回公演に行ってきました。
ARTEVIVA(アルテヴィーヴァ)とは活きた芸術という意味で、人をつなぎ時を超える芸術を目指しているそうです。
その言葉どうり 音楽・バレエ・絵画が一体となった素晴らしいコンサートでした。

まず、驚いたのはコンサート時間中、舞台の半分を占めるカンパスに 美術家の秋満
亘さんがライブペインテイングを行うということだった。
音楽にあわせ、自分の身体を最大限に動かし、描いていく様は どんな作品ができるのかというのと、描いている時の身体と筆の躍動感がまた素晴らしかった

音楽はイタリア・フィレンツェ歌劇場専属歌手の渡辺弘樹さんや日本声楽アカデミーの土崎譲さん  声も姿も美しい歌姫三人それはそれはみなさん魅力的でした。

それともっとも今回楽しみにしていたのが フィレンツェ在住のバレエダンサー新村香織さん
去年初めてオペラ椿姫を見に行った時から 美しい凛としたお顔もですが、しなやかでキレのある独特の表現力に憧れていました。

今回はバレエソロと渡辺さんとのコラボ「マリウ、愛の言葉を」河野彩子さんとのオペラ「ペールギュント」より「ソルベイグの歌」を・・・

とにかく満員の席でしたし、寝ている人を全くといっていいほど見掛けなかったです
私とご一緒した浩子さんは五感をフルに使い集中してたので、ちょっと疲れたねと後でお話ししたほどでした。

最後に出来上がった秋満さんの作品は色使いが素敵でそのままコピーしていただきたいほど

誰でもがもっている心の中の自然を表現されたそうで、コンセプトがゆるぎない自然体の自分
大分出身の芸術家にこんなにも素晴らしい若手の方々がいらっしゃることに誇りを感じました。
サブタイトルのNaturaはイタリア語で自然を意味するそうです。




0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ