2009/8/31

8月30日の月潟です。  レポート

クリックすると元のサイズで表示します
秋の足音が聞こえてきました。


クリックすると元のサイズで表示します

  インフルエンザ対策として消毒液を置きましたのでご利用ください。
 なお、手洗いと嗽はおこたりなく実施してください。
クリックすると元のサイズで表示します

  白山前のジオラマを展示し、ツアー様お迎え準備です。
   掃除、掃除っと
クリックすると元のサイズで表示します

  ラッセルのクモの巣取りしてたら、旋回窓の木枠の一部が腐食
  午前中なんで補修する、
クリックすると元のサイズで表示します

  腐食部分を取り除き、木工パテを流しこむ。
クリックすると元のサイズで表示します

  防水処理をする、塗装は来週です。雨が降らないことを祈る。
クリックすると元のサイズで表示します

  すっきりしたラッセル、クモの巣が多いのは自然がいっぱいの証
クリックすると元のサイズで表示します

  そうこうしてる内に、ツアーがご来場です。
クリックすると元のサイズで表示します

  駅構内散策や電車内で一休み。
クリックすると元のサイズで表示します

  ラジオ、電源は?、音量は?でもうちょっと詳しい説明か必要かも
  しれないですね。

2009/8/29

月潟へ“燕から”バスで行こう!  レポート

「バスで月潟へ行こう!」シリーズ第2弾です。
今回は裏ルートとしても知られていない?「燕〜月潟〜白根」線での行き方です。
【この路線は平日のみ運行です。土休日は全便運休となります】


クリックすると元のサイズで表示します

 東三条駅2番線からのスタートです。今時中線に停車中の車両撮るのは久しぶり
クリックすると元のサイズで表示します

 燕駅構内より撮影、奥の建物は交番、ん十年前は電鉄の駅舎がありました。
クリックすると元のサイズで表示します

 二度と開かない改札口、電鉄の遺構ですが、ガードとして現役なんですよねぇー 
クリックすると元のサイズで表示します

 さて本題に戻るとして、駅を出て左方向に歩きます。
クリックすると元のサイズで表示します

 ここから、緑色のバス停からバスに乗ります。新潟交通の子会社である新潟交通観光バスの潟東営業所による運行です。
通常は中型バスがやってきます。また、バスカードの利用もできます。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 凄い時刻です。ほとんどは月から金曜日までの運行、月潟通るのは2往復のみ。 
クリックすると元のサイズで表示します

 バスに乗り、スタートです。乗客は私一人でした。(月潟まで誰も乗らない)
クリックすると元のサイズで表示します

 車中より撮影、小中川駅跡を通過。
クリックすると元のサイズで表示します

 月潟に入りました。
クリックすると元のサイズで表示します

 月潟中(「つきがたちゅう」ではなく「つきがたなか」と読む)で下車
 燕からの運賃は520円です。
クリックすると元のサイズで表示します

 この時刻も凄い。
クリックすると元のサイズで表示します

 さて旧月潟駅への順路は、バス停より少し歩くと小道があります。
 そこを歩いていきますと大通りへでます。
クリックすると元のサイズで表示します

  大通りを左方向へ歩きますと駅へでます。バス停より10分程度ですか。
クリックすると元のサイズで表示します

  車が無くてすっきり
クリックすると元のサイズで表示します

  今度は図書館より新潟駅前行きで新潟へ抜ける。これも子会社のバスですが、バスカードも使用できます。
参考→バスで月潟駅へ行こう! 〜写真でわかる新潟駅から月潟駅への行き方〜
クリックすると元のサイズで表示します

  新潟駅にて本業に戻りました。結論から申しまして、バスで三条、燕方面から月潟へ行くには、平日は何とか行けますが、土休日はほとんど運休になりますので、新潟方面以外からはかなり厳しいです。
  こんな形で路線が残ってること自体が奇跡です、乗降客なんてほぼ0に近いでは
  ないでしょうか。
   ただ残したのでは無く、利便性やルート設定など検討すれば掘り起こすことも可能な部分も見られました。

  (2009年8月28日乗車)

2009/8/26

23日の捕捉  レポート

 パソコンの動作が悪く投稿できない状態でした。よってダイエット中ですが、スペック的に劣ってるのもありW7で状態は良くなるでしょう。
 XPの余生はちゃんと考えてます。
クリックすると元のサイズで表示します

  ツアーご来場の前に、ひさかたぶりにダッチング登場。日付を合わせるのに手間かかる、現役です。
クリックすると元のサイズで表示します

 ツアーご来場です。
クリックすると元のサイズで表示します

  ラジオ片手に構内や電車を散策。
クリックすると元のサイズで表示します

  最後に地元の方はお分かりと思いますが、この改札ラッチは燕駅で
 電鉄現役時代は出口専用ラッチとして晩年まで使用していました。
 現在は駅と交番を区別するガードとして現役です。
  当時のビデオもあり、廃止後15年くらいですか、こうして現役でいる
 電鉄の遺構もあるんですね。

2009/8/24

記録集取材  レポート

昨日(23日)は朝から芸術祭の記録集の取材ということで、はるばる東京からカメラマンさんが訪問されました。
そして、エキストラ(?)も兼ねてアーティストさんやそのご友人の方が大勢、こちらもはるばる東京からいらっしゃいました。

“お邪魔”にならないように、離れたところから撮影。
こういう光景、何だかドキドキ
お天気も良かったですから、きっといい写真がたくさん撮れたことでしょう。
記録集の仕上がりが楽しみなところです。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


新潟地方はさわやかな青空が広がっていい天気でした。
日本文理高校が甲子園で新潟県勢で初の決勝進出を果たし、気分も上々です。
その試合を開催している頃に、こんな写真を撮っていました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

現役時代「らしい」角度を探して撮ってみたものです。
上の写真のベンチのあたりは、涼しい風が通り抜けていきます。
お弁当を広げたりするにもいい場所ですよ。
(新潟名物の「イタリアン焼きそば」をテイクアウトしてここで食した人間もいますよ。それは俺のことか…
あ、食べられた後のゴミは持ち帰るかゴミ箱へ。)
クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/16

時計を修理しよう!  レポート

今日は暑〜い、夏らしい天気の一日でした。
お盆中は大変多くの方からご訪問いただき、御礼申し上げます。
本日一日だけでも100人ほどの方から訪問いただき、遠く神奈川や埼玉からお越しの方もいらっしゃいました。
是非、また月潟駅へお越しください。お待ちしております。


こう暑いと屋外で作業するのもしんどいというより熱中症の恐れがありますし、水土ツアーのお客様もお見えになるということで汚れる作業もできません。
そんなわけで、風の抜ける、駅構内で一番涼しい待合室で軽作業を実施しました。

クリックすると元のサイズで表示します
この窓口に掛かっている時計に見覚えがある方も多いでしょう。
大手メーカー製のもので、現役時代から使用されていたものです。電池がなくなって止まってからずっと放置していました。月潟駅構内に他に時計はありません。
今の時間をすぐに知りたいときには不便なものでした。

電池を入れてみるが…動きが悪い。

クリックすると元のサイズで表示します
裏蓋オープン♪
どうやら、引っかける針金が長すぎて文字盤が押し出され、動きが悪くなっていた模様。

クリックすると元のサイズで表示します
ならば、その部分を切り詰めて形状を調節。

クリックすると元のサイズで表示します
できあがり〜!


そして本日の水土ツアーも満席近くの大入だそうで、多くの方からお越しいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今日はなんと!篠田新潟市長も参加者の皆さんと共に訪問されました。
少々お話をさせていただきましたが、保存状態やロケーションなどについてお褒めいただき大変嬉しい限りです。ありがとうございました。

最初にも書かせていただきましたが、大変多くの方からお越しいただきましてありがとうございました。
水土期間中も、水土が終わっても、是非また月潟駅へお越しください。
ゆっくり過ごしていると、この月潟の土地の良さをさらに感じられると思います。
駅にたたずむだけでも何となく心が落ち着く…そんな不思議な駅でもあります。



AutoPage最新お知らせ