2009/11/23

シート掛けその1  レポート

毎冬恒例のシート掛けがほぼ終了しました。(12月5日現在)
作業の模様をお送りします(尚、この記事の画像の撮影日は11月22・23日です。ご了承下さい)

ちなみに作業順は
11月22日:51号
11月23日:11号
11月29日・12月6日(予定):116号
です。

クリックすると元のサイズで表示します
このシーンも今年は11月22日で見おさめでした。
また来春…。

クリックすると元のサイズで表示します
51号下地シートの補修。
このシート掛けではかなりの枚数のシートを使用しますが、下地シート・上掛けシート共に一枚一枚清掃し、穴の開きそうな箇所の補修を行います。

クリックすると元のサイズで表示します
下地シート(上の画像に写っているもの)を掛け、しっかりと固定し、さらに上掛けの銀シートを掛けます。
下地を入れることによって、シートと車体との「こすれ」を低減し、車体の痛みを防ぎます。

クリックすると元のサイズで表示します
最後に紐でしっかり縛って完成。
こう見るとかなり簡単そうですが、実は1日に1両しかできないくらいです…。
この時期は天候も不安定ですし。。。


23日の11号の作業。
クリックすると元のサイズで表示します
51号と同様に下地シートを掛ける。

クリックすると元のサイズで表示します
上掛けの銀シートを掛ける。
位置合わせがなかなか難しい。

クリックすると元のサイズで表示します
車体と上掛けを固定していく。床下の機器の凹凸も緩衝材で保護していきます。
「モグラ部隊」だの「素潜り部隊」だの言われていますが、車体の下に潜っての作業も行います。
物凄く狭いです…。ヘルメットや安全帽を被って作業をしていきます。
 ※大変危険ですので、作業員以外は車両の下に入らないでください

クリックすると元のサイズで表示します
51号と同様、紐でしっかり縛って完成。
冬の間はこの姿となります。

◇ご覧のように保存車両は冬期間、冬囲い(シート掛けによる車体保護)を行っていますので、車両の見学は車内外ともにできませんのでご了承下さい。
冬囲い撤去は2010年3月下旬を予定しています。

2009/11/15

冬囲い、進んでます  レポート

まずはじめに…かぼちゃ電車保存会は、新潟市住みよい郷土推進協議会会長賞を受賞いたしました。

クリックすると元のサイズで表示します

保存車両・施設の維持・保守、そして駅周辺の環境美化に今後も努めてまいります。


さてさて、今日は強風が吹く中、冬囲いの下準備を行いました。
シートを車体に掛けてハイおしまい、ではないんですねぇ。
車両には様々なパーツが付いていて、取り外せるものもあれば、取り外せないものもあります。
そこで、外せないパーツには緩衝材(いわゆるプチプチシート)で包み、シートを掛けても、何かの拍子(風など)でそこからビリビリ破けないようにするのです。

クリックすると元のサイズで表示します
というわけで、プチプチシート取付中の図。
この画像の範囲内だけでも、車幅灯、エアホースのコック、連結器の開放テコが「突起物」となります。
一つ一つ丁寧に包んでいきます。

クリックすると元のサイズで表示します
床下機器もご覧のとおり。

クリックすると元のサイズで表示します
パンタにシートを掛けます。
風強っ…。かなり難儀しました。

クリックすると元のサイズで表示します
パンタのシート包み ほぼ完成の図。


クリックすると元のサイズで表示します
で、今日はこのくらいまで仕上がりました。
いよいよ来週はシート掛けです。


旧月潟駅ご訪問の皆様へ

毎度、旧月潟駅にご来場いただきまして、誠にありがとうございます。
旧月潟駅の保存車両は、11月22日、23日に冬囲い(シート掛け)を行い、来年3月まで車両の見学(車内外ともに)はできなくなります
冬囲いは、冬季の荒天から車両を守るために毎年実施しているものです。
末長く車両を保存していくために欠かせないものですので、どうかご理解をお願いいたします。
※尚、ホームまわりは冬季もそのままですので、いつものようにご覧いただけます。

2009/11/1

テレビ番組の収録  レポート

本日、NST(新潟総合テレビ・フジ系)のローカル番組“てくてく見聞録 〜新潟の産業遺産を歩こう〜”の収録が月潟駅で行われました。


クリックすると元のサイズで表示します

当作業日誌では、物凄くササーッと本日の模様をお送りします。
詳しい番組の内容については…放送を是非是非ご覧になってください。
(放送日時のご案内は最後に…)


そろそろこの時期から始めなくてはならないことというと…そう、「スマキ電車」とか言われていますが、おなじみ「冬囲い」の作業です。
まずは一番厄介な116号から手を付けます。
屋根上のエアータンク部分は凸凹が多く、シートを張っても水たまりが発生してしまいます。
そこで、車両の屋根上に、さらに保存会特製の平らな屋根を取り付けて水たまりを発生しにくくします。
今日はその“特製屋根”の骨組を取り付けます。

クリックすると元のサイズで表示します
こーいう骨組を

クリックすると元のサイズで表示します
ヨイコラセッと屋根に上げる

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
結合部分をビス留め
↑この部分、作業日誌用に撮影していた筆者の姿が見事にOA…。
で、撮っていた画像がコレ。
決してサボっていたわけではありませんw


クリックすると元のサイズで表示します
最後に紐で車体とガッチリ固定する

クリックすると元のサイズで表示します
作業風景もバッチリ収録されました。
こういう大仕事は年に何度もありませんから、貴重な映像になりますね。

その後は駅舎、ホーム、車両などを細かく撮影されていたようです。


月潟駅が登場する回は12月5日(土)10:05〜、NSTテレビ(アナログ 新潟35ch、デジタル 8ch)で放送されました。
※放送は終了いたしました


最後になりましたが、スタッフ様、リポーター様、本日は大変お疲れ様でした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ