2012/3/31

新ホームページのお知らせ  

新しい保存会ホームページの運用をスタートしました。
アドレスは http://kaboden.jimdo.com/ です。
リンクやブックマークのご変更をお願いします。

尚、新コンテンツとして「ギャラリー」を開設しました。
著作権は当保存会に帰属しますが、映像作品などのロケ地の選考などにもご利用頂ければ幸いです。

2012/3/25

冬囲い撤去しました。  レポート

永らくお待たせいたしました。本日、車輛の冬囲い撤去が終わり、久しぶりのご対面です。
クリックすると元のサイズで表示します
まずは、ロープやシートの撤去から始まります。
途中、雨風で寒いです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
11号シート撤去の様子

クリックすると元のサイズで表示します
シートをたたみますが、風に煽られる。

クリックすると元のサイズで表示します
この通り、抑えるのがやっと

クリックすると元のサイズで表示します
次は51号、風でシートが膨らむ。
クリックすると元のサイズで表示します
なんとか無事に終わり、車輛たちは姿を見せ、待っていた子供達も早速車内にて遊びました。
昼食後、平成24年度総会を行い、新たな年がスタートしました。
また悪天候の中、新大鉄研のみなさんありがとうございました。

2012/3/25

4月〜5月 定期作業日内容  

◆共通
車両・構内の清掃および点検

◆4月8日(日)
各車両車体の補修個所確認・鈑金下準備

◆大型連休中
各車両鈑金・塗装

◆5月13日(日)
各車両鈑金・塗装

2012/3/25

本日!冬囲いシート撤去!  

クリックすると元のサイズで表示します
お待たせしました!!
旧月潟駅の電車達がいよいよ今日、冬眠から目覚めます!

クリックすると元のサイズで表示します
昨日(24日)の夕方に撮影しましたが、1ヶ月前はあんなにあった雪もすっかり融けました。
構内の木々の蕾もふくらみ、長かった雪国越後の冬の終わりを感じさせられます。
来月の今頃は、きっと色とりどりの花々が美しい季節になっていることでしょう。
「もうすぐ春ですね♪」
なーんて台詞がふと頭をよぎる、シート外し前日の夕方でした。

さ、今日は若い助っ人さんが多数お越しいただくということで、有難い^^ 安全に気を付けて頑張ってー!
※筆者は所用の為欠席…orz

2012/3/19

平成23年度の活動〜新大鉄研さんと共に〜  レポート

そういえば、来月の今頃は桜も満開でしょう。
一足…というよりは二足ほど早いですが、新入生の皆さんご入学おめでとうございます。

いつも当会の活動にご協力頂いている新大鉄研さんの公式ブログを拝見していると、どうやら新入生歓迎キャンペーン中みたいです。
折角なので、当会もちょっとアピールしたいなーと思いましたので、勝手ながらこんな記事を書かせていただきました。

どうでもいい話ですが、筆者は当会の幹事をさせて頂いていて、鉄研さんとの橋渡しを担当しています。月潟では補修や清掃から掲示物作成まで、何でもやります。あ、あとはこの作業日誌の実質的な管理人ですね。
この春まで学生で4月からは社会人一年生ということで、どんな試練が待っているのかと思うと胃が痛くなりそうです。


ちょっと歴史を振り返ってみると、鉄研さんと当会の協力関係が築かれたのは、2010年春のこと。今春で3年目です。
どちらの保存団体さんも同じような悩みを抱えておられるのかもしれませんが、我々もどうしても人手不足や後継者不足…といった文字が見えてきていました。
要約すると「ならば、大学生の鉄道研究部ってのは折角こういうの(=鉄道とか機械とか、なんかいろんなの)が好きな人が集まっているのだから、お声掛けしたらどうか?」と、筆者をはじめ数人のメンバーが思ったのが、はじまりでした。
今では活発な多くの部員さんが顔を出し、我々の活動に幅広く協力して頂いています。


こんな風に活動されているんだよっ!って感じで、作業日誌掲載済の画像から抜粋しましたので、ご覧いただきましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
▲2011/4/10 現部長が11号の車体の鈑金作業に取り組む。

クリックすると元のサイズで表示します
▲2011/4/17 桜が咲き始めた月潟。撮影する部員さん。

クリックすると元のサイズで表示します
▲2011/5/8 本日保線作業。一輪車でバラスト(砂利)入れを実施。

クリックすると元のサイズで表示します
▲2011/6/12 大塗装大会。現役部員さんにOBさんと、沢山の労力があって実現した。感謝、感謝。

クリックすると元のサイズで表示します
▲2011/9/11 11号フロント部の鈑金。保存会会員の指導の下、部員さんが操る電動工具の音が絶えなかった一日。

クリックすると元のサイズで表示します
▲2011/9/25 月潟地区のイベント「大道芸フェスティバル」の日で大盛況。大勢の部員さんからお手伝いいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
▲2011/11/20 「冬囲いシート」(風雪から車体を保護する為に、冬季は巨大なシートを掛ける)の取り付け作業の様子。シートが大きくて重いだけでなく風に煽られて暴れるので、これも多くの力が必要。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
▲2012/2 冬季は車体補修は無いが、除雪が大きな任務。会員と共にエッサホイサと雪を除けていく。ダイエットも夢じゃない? 下写真は雪下ろし後の雪の始末。過去ログ見て頂ければ分かるように、例年はココまで積もりません。


ご覧のように、我々がやっていることは本当に地味かもしれません。
しかし、「遺された鉄道」を活かし、少しでも輝かせて未来に繋いでいく。そして社会に少しでも還元していくのが我々の役目だと思い、活動しています。

そして、ホンモノはいろんなことを我々に教えてくれます。
ホンモノを相手にするその楽しさ、難しさ、時には怖さを、色んな事を経験することによって体感して欲しい。鉄研さんにお声掛けするにあたり、そんな願いがありました。
ここで経験したことや得たことは、絶対に嘘はつかないでしょう。一生の宝ものになるはずです。
故に、ホンモノは一番の先生なのです。


学生の皆さんは、学業が本業。留年したりしないように、それなりに勉学に励んで下さい。そして、本業が疎かにならない程度に、我々の活動に参加して頂ければ有難いなぁ、と思います。

我々も鉄道や旅が大好きな人間が多数おります。ご興味ご関心のある新入生の皆さん。入部したら、まずは気軽に見学に来てみて下さいね。(入部前に見に来ても良いよ!)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ