翌日  

レントゲン写真と血液検査を頂けるという事だったのに入っていなかったので、連絡して再び尋ねる。親切にも診察でないのにかえでの様子をざっと見てくださり、元気なのは薬が効いたからと言われた。犬は痛みにどんかんというけれど、すごいなと思った。

内科治療が確定し、次回来院時もレントゲン用にご飯を抜いて来なくて良いことを確認する。どのみちいずれは撮らなくてはいけないので、一回でも全身麻酔が少ないのはありがたい。

参加するはずだった場所へ顔出しだけする。見知った方に会えて話が出来るとそれだけで気持ちが落ち着く。遠距離を走ったが、かえでにはそれほど負担だった様子もないのがほっとした。当分通わなくてはならないので、車内のポジションも再度考慮する必要がありあそう。




AutoPage最新お知らせ