2014/10/25


ドラフトが終わり、日本シリーズも始まり、野球の楽しみは無くなるな〜。


【菊花賞】
先ず、過去10年から勝ち馬のデータを見てみましょう。

前走3着以内が100%。前走から乗替わり無しが勝率90%。
前走神戸新聞杯が80%で、残り20%は1000万下特別。
セントライト記念からは0勝。
単勝八番人気以内で、五番人気以下なら春のクラシック未出走の馬のみ。
単勝が1倍台なら確実に勝利。

次に2着候補を見ていきましょう。
同じく前走3着以内で連対18頭なので、4着以下は軽視。
2着馬の前走は秋のGUのみ。
連対馬全馬に重賞出走実績あり。

馬連
A〜CIKLMN
I〜CKLMN
N〜CKLM



【富士S】
単勝倍率は15倍以下で90%。

8歳以上は連対無し。6歳も何故か勝利がなく、2着まで。

前走GTなら安田記念、GUなら毎日王冠かオールカマーのみが連対可能。

前走が重賞以外の場合はポートランドS以外は勝利無し。
連対でも、これに1600万が加わるのみ。

馬連流し
A〜@CFHJKLMN
C〜@FHJKLMN
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ