共和金型製作所HPへ戻る

2013/10/13

尿管結石  

10月も中旬になりました。
それなのに猛暑日が続いています。
寒暖の差が激しい日もありますので、体調管理はしっかりしていきましょう。

体調管理という点で、私にもある出来事がありました。
9月5日の早朝4時頃、左脇腹に急激な痛みが発生しました。
今までに体験したことのない、のたうちまわる激痛です。
とても自分で車を運転出来る状況ではなかったので、隣の市に住む両親に迎えに来てもらい、救急病院に直行しました。

車の中で病院に連絡しておいたので、病院到着後すぐに診療室に通されました。
先生に問診してもらうと「たぶん尿管結石ですね。」との事。
CTスキャンで検査をし、痛み止めの座薬をして、点滴をやりながら1時間程横になっているとかなり痛みが治まりました。
再び診療室に呼ばれ、自分の輪切り画像を見ながら説明されました。
「8ミリくらいの大きさの結石が二つ見えますね。一つは今日か明日にでも落ちるでしょうが、もう一つはいつ落ちるのかはわかりません。とにかく水分を多く摂取して、早めに流す努力をして下さい。」という事でした。

帰宅後、すぐに大量の水を飲み、さらに「ウラジロガシ茶」が結石を流すのに良いと聞いたので、妻に買ってきてもらいました。
翌日は痛みもなくなったので、通常通り出勤し、仕事中も水筒にいれたウラジロガシ茶をまめに飲んでいました。
お昼過ぎくらいにトイレに行くと、茶色く濁った尿と共に、3粒くらいの石が出てきました。
これで一安心です。
それにしても、尿管結石がこんなに苦しいものだとは思いもしませんでした。
こんな激痛、二度と体験したくないですね。

翌日以降も、もう一つの結石を落とすために「ウラジロガシ茶」は飲み続けております。
痛みは全然ないので、落ちたのかまだなのか全然わかりませんが、再発を防ぐためにも1年くらいは飲み続けてみたいと思います。

山本漢方の100%ウラジロガシ茶 5g×20P


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ