共和金型製作所HPへ戻る

2013/12/16

文房具店めぐり・東京編  文房具

昨日は久々に上京し、文房具店めぐりをしてきました。

まずは有楽町駅で下車し『伊東屋 銀座本店』へ。
銀座の街を歩くのは、某広告代理店に勤務していた独身時代以来ですから、かれこれ15年ぶりです。
土地感はあるのですが、新しいビルもかなりできているので、迷子になりそうでした。

伊東屋は、横浜店は行った事がありますが銀座本店は初めてです。
テレビや雑誌などでも紹介される有名店ですので、以前から是非行って見たいと思っていました。

品揃えとしては、主要ブランドの商品はほぼ揃っていると思います。
パーカー、ラミー、クロスといった高級ボールペンや万年筆も直接触って確かめる事が出来ました。
40代以上の文房具愛好家をターゲットにしているような感じですね。
でも、私が好きなOHTOのLIBERTYシリーズは、一部しか置いていませんでした。
ノートやメモ帳もモレスキンやロディアは豊富にありましたが、個人的にはセキセイのSEDIAが見つけられなくて残念です。

元々の本店は改装工事中で、現在は仮店舗での営業という事でした。
以前よりも売り場面積はかなり狭くなっているようですので、現在の品揃えは仕方のない事なのかもしれません。
次回は、2015年のリニューアルオープン後に行って見たいと思います。

続いてマロニエゲートの中にある『東急ハンズ 銀座店』です。
渋谷や新宿など、他の東急ハンズ店舗とは何か違う雰囲気が感じられるつくりですね。
文房具も、近くに伊東屋があるからか、真っ向勝負はせずに女性向けのオシャレなラインナップでしたね。

最後は『有楽町ロフト』です。
ワンフロアーの広い売り場なので見やすいですね。
でも、伊東屋と東急ハンズを見た後でしたので、特に目新しいものはありませんでした。
「Moleskine アトリエ」も、まあこんなものかなあという程度のものでした。

このまま帰るのはもったいないので、東京駅へ向い、丸の内出口のすぐ前にあるオアゾの中の『丸善 丸の内本店』へ行きました。
筆記用具は『伊東屋 銀座本店』よりも、こちらの方が品揃えは良いですね。
OHTOのLIBERTYシリーズはすべてありましたし、同じくOHTOのアメリカン・テイストシリーズも取り扱っていました。
高級ボールペンや万年筆も、ズラリと展示されていて感動しました。
セーラー万年筆の優美蒔絵シリーズもすべて陳列されており、「東京駅」と「奇跡の一本松」を直接見れて良かったです。

今回は4店舗廻りましたが、結局何も買いませんでした。
どの店のレジも長蛇の列でして、田舎者の私にはあの列に並ぶ勇気はありませんでした。
それに、普段インク富士店や事務キチ藤沢店のような5〜35%引きの格安店を利用しているため、定価販売での購入も躊躇してしまいました。
でも、「文房具を手にと取って眺める」という時間を楽しむ事が出来、良い休日を過ごせたと思います。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ