共和金型製作所HPへ戻る

2008/1/13

伊豆縦貫自動車道  

年度末になると日本全国で道路工事が頻繁に行われます。
勿論、災害被害などで崩壊した道路の復旧作業は必要不可欠ですが、予算を消化するために無理矢理工事している場合も多いと思います。

静岡県東部地区では、10年以上前から伊豆縦貫自動車道の工事が行われています。
伊豆縦貫自動車道は、沼津市の東名高速道路沼津ICを起点とし、駿東郡長泉町の長泉JCTで第二東名高速道路と接続した後、伊豆市を経由して下田市に至る高規格幹線道路で、伊豆半島の縦貫道路と沼津市周辺地域の環状道路という性格を兼ね備えています。
しかし現在のところ、伊豆市修善寺と伊豆の国市田京を結ぶ修善寺道路だけしか開通しておらず、他の地域はいつ開通するのか全く予測出来ません。
なにより道路がどの場所をどのように通るのかさえ、住民のほとんどが把握していないのではないでしょうか。

私の家のすぐ近くも、伊豆縦貫自動車道の道路予定地となっていて、その影響でアパートや民家、水田、畑、工場、飲食店、スーパー、銀行などが移転や廃業をしています。
これでは道路が増えるメリットよりも、普段の生活が不便になるというデメリットの方が大きいのではないでしょう

高齢化社会へと突き進む日本において、何が必要で何が不要なのか、政治家だけでなく我々自身も、一度冷静に考えてみる必要があるのではないでしょうか。
1

2008/1/1

謹賀新年  

新年明けましておめでとうございます。

本年も共和金型製作所をよろしくお願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ