共和金型製作所HPへ戻る

2008/10/12

反リアルタイム派  

私は、基本的には映画、テレビドラマ、小説は、リアルタイムでは見ないようにしています。
視聴率やブームに流されて見てしまうと、その作品の本当の面白さがわからないような気がするからです。
例外としては娘と「あらしのよるに」や「崖の上のポニョ」を劇場で見たくらいで、通常は最低でも三年くらい経過しないと見ませんね。

今見ているテレビドラマは、「あいくるしい」です。
内容も勿論良いのですが、伊豆の各地でロケをしているドラマなので、ロケ地が何処なのか見分けるのも楽しいですね。
0

2008/10/5

ミスリーディング・アプリケーションに注意  

最近被害が拡大しつつある「ミスリーディング・アプリケーション」をご存知ですか?
これはネット詐欺の一種で、ユーザーを騙して悪意のあるソフトウェアをダウンロードさせようとする手口、あるいはそのために利用されるプログラムのことなんです。

ミスリーディング・アプリケーションは、ダウンローダ、単純なブラウザ広告、メール、リンク等さまざまな形でネット上に出現します。
その多くが、正規のセキュリティソフト会社のサイトにそっくりに作られた偽サイトです。
さらに最近は正規サイトのWebサーバに不正侵入して、.htaccessファイルの内容を書き換え、検索エンジンの巡回で拾わせて、検索結果から「antivirus2008」「antivirus2009」などの偽ウイルス対策ソフトウェアの宣伝サイトにリダイレクトされるよう操作されている事も発覚しました。
リダイレクトはGoogle、Yahoo!などの主要検索エンジンで発生し、相当の確率で偽ウイルス対策ソフトウェアが表示されていると思われます。
現時点で Webサーバがどのような手段で不正侵入されたかは不明との事です。

ユーザーが目にするであろうメッセージの例を挙げると、「Your computer is in danger!(あなたのパソコンは危険な状態にあります)」「Get a better PC(より快適なパソコンを手に入れよう)」「Protect your PC from hackers!(ハッカーからパソコンを守ろう)」といったものですね。
その脅威を排除するためといって、実際にはセキュリティ効果のない無料の偽セキュリティ対策ソフトウェアをダウンロードするよう促します。
この時、無料会員登録と称して住所、氏名、メールアドレスなどの個人情報を入力させる事がほとんどです。
誘導に乗ってダウンロードをすると、1000種類以上が存在するトロイの木馬型ダウンローダー「フラウドロード」(FraudLoad)を仕掛けられます。フラウドロードがインストールされてしまうと、偽ソフトの導入のために入力した個人情報を抜き取られてしまいます。
ダウンロードされた偽ソフトウェアは、製品の有料アップグレードなどと称してソフトウェアの購入代金を振り込ませようとしたり、様々な事項を入力させて個人情報を盗もうとします。

被害に遭う危険性を最小限にするためには、
1,ウイルス対策を万全にし、覚えのないものや疑わしい添付ファイルやメッセージを開いたり応答したりしない。
2,怖がらせたり、判断を誤らせたりするようなメッセージを冷静に分析し、安易に警告に従わない。
3,疑わしいWebサイトに個人情報を入力しない。
4,クレジット決済や送金の手続きは,信頼できる取引相手に限定して行なう。
といった事を、各自がしっかり管理していくしかないようです。
皆さんも十分気をつけて下さい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ