共和金型製作所HPへ戻る

2012/10/10

読書の秋  読書

私は、夜9時から11時くらいまでを自分の時間として活用しているわけですが、私の部屋はエアコンが付いていないため、真夏は読書をする気になりません。
10月に入ったばかりの頃は30度を越す猛暑日が続いていましたが、数日前から朝晩がだいぶ涼しくなり、やっと落ち着いて読書が出来る陽気になりました。
よく「読書の秋」と言いますが、私も今月は「読書月間」にしようと思います。

今読んでいるのは、京極夏彦の『姑獲鳥の夏』です。
妻が京極作品は全部所持してたので、いつでも読むことは出来たのですが、京極作品って、かなり分厚いので、読むのを決断するのに勇気がいります。
毎年、今年こそ読むぞと心の中では決めているのですが、結局実行するのに10年かかりましたね。

読み始めて3日ですが、やっと半分くらいまで読みました。
私は速読が苦手で、どんな本もじっくり読み込むほうなので、読破するのに一週間くらいかかるかもしれません。
内容にはふれませんが、とても面白いので、もっと早く読めばよかったなあと思いました。

みなさんも、今月は「読書の秋」を楽しんでみてはいかがですか?

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ