共和金型製作所HPへ戻る

2013/8/16

OHTOのボールペン  文房具

前回に引き続きOHTOのボールペンの紹介です。

6月に購入したのが、アクリル製の太軸ボールペン「NISHIKI」です。
4月頃にOHTOのウェブサイトで見て以来ずっと気になっていた商品です。
ペン軸の色はアカ・アオ・チャ・シロの4種なんですが、アカはモチーフの錦鯉そのままですね。
水性ボールペンのインクが最初からセットされ、メーカー希望小売価格は1575円と他のLIBERTYシリーズより少々高価ではあります。

静岡県内だけでなく神奈川県の有名文房具店まで出掛けたりしたのも、この「NISHIKI」の現物を見たかったからです。
しかし残念ながら、OHTOのボールペンを取り扱っている店舗でも「NISHIKI」は置いていなかったため、今回はネット通販を利用しました。
色はアオとチャで悩みましたが、一番落ち着いたデザインではないかと、チャを選びました。

筆記用具を購入する場合、「使用目的」や「書き心地」または「1度使ってみたい」等、書くという行為に直結する要因がアイテム選びのポイントになると思います。
前回紹介したFINE SLIMの場合も、「手帳用」という使用目的があり、手帳のペンホルダーに入るサイズを確認し、さらに「ニードルポイントを使ってみたい」という気持ちからもあったので選んだわけです。
ところが今回のNISHIKIに関しては「デザイン」だけで選びました。
仕事用なのか自宅用なのかも決めていませんし、セットされている水性ボールペンの書き心地も重視しませんでした。
どちらかと言えば、ただ眺めて自己満足するためのボールペンという感じですね。
実際使ってみると、水性ボールペンもなめらかでとても書きやすいですし、ペンの大きさや重さもとても良いバランスです。
和風なデザインがとても気に入ったので、どうせなら中身も和風にしようと筆ペンのリフィルに入れ替えました。
たぶん自宅用の筆ペンとして使っていくことになるでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




NISHIKIに入っていた水性ボールペンのリフィルを活かすため、7月にはLIBERTYの太軸を購入しました。
LIBERTYシリーズという名前からわかるように、このLIBERTYがシリーズの元祖なので、本来ならば最初に購入すべきものでした。
ブラック、シルバー、ブラウンの3色あるのですが、替芯の色を赤や青にした場合でもあまり違和感を感じないのではと思いブラウンにしました。
高級ボールペンと遜色のないデザインですので、取引先との打合わせ等でも恥ずかしくないボールペンだと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ