共和金型製作所HPへ戻る

2014/8/14

スキマ時間  

最近、スキマ時間の有効活用について考える事が多くなりました。
そもそも「スキマ時間って何?」という方もいるかもしれませんが、
一般的には予定と予定の間に生じる空き時間や移動時間、待ち時間などに生じる「短時間の暇」の事を意味します。
5分程度の事もあれば、2時間くらいの電車移動時間なんて場合もあるでしょう。

たかが5分程度だからと言って、侮ってはいけません。
例えば毎日5分間だけ英語の勉強をしたとして、5分×365日=1825分、1年間で30時間25分も勉強時間に当てられるのです。
勉強したいけど仕事が忙しくて時間が取れないと思っている人でも、5分程度のスキマ時間は存在するはずです。
是非とも、今日からでも有効活用してみたら良いと思います。

スキマ時間は「予想外の時間」と「自ら作り出した時間」の二つに大別出来ると私は思います。
「予想外の時間」というのは、待ち合わせの時間に相手が遅刻した時や、電車移動中に車両故障等でしばらく停車していた時などに生じるスキマ時間です。
あくまで突発的に発生するスキマ時間なので頻度としては低いのですが、以降の予定が崩れるので出来る事ならば発生してはならない時間ですね。
なので、スキマ時間の殆どは「自ら作り出した時間」になります。

1時間で完了予定の仕事を50分で終わらせるのも、1時間半かかってしまうのも、偶然や自然の流れでそうなったのではなく、すべては自分自身の意識で決まります。
「50分で終わらせるんだ」と意識をして仕事をした結果、10分間のスキマ時間を「自ら作り出した」のです。
朝起きる時間を早くしてみるとか、昼休みに昼食を簡単に済ませて時間を作るとか、なんとなくテレビを見続けるのをやめるとか色々ありますが、みんな同じ事です。
すべて自分自身で意思決定した行動であり、その結果としてスキマ時間が作られたのです。

スキマ時間に何をするのかは、各自の自由です。
読書、音楽鑑賞、勉強、ウォーキングやストレッチなどの運動、簡単な仕事、整理整頓、パソコン作業など、なんでも良いと思います。
でも、せっかく作り出した時間なので単なる暇つぶしや気分転換で終わらすのではなく、「自己の更なる進歩・向上」につながる行動をするべきだと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ