共和金型製作所HPへ戻る

2017/5/21

車の「D」ランプが点かない  

私は自家用として、スズキのkeiという軽自動車を所持しております。
新車で購入してから今年で12年目、走行距離は約8万5000キロです。
6年目と10年目にタイヤとバッテリーを交換した以外、特に不具合はありませんでした。
しかし去年くらいから急激に調子が悪くなりまして、部品交換や修理をしてもらう事が多くなりました。

昨日の夜、運転中にドライブの「D」ランプが消えているのに気が付きました。
出発時は点灯していたのですが、長い信号待ちの時にニュートラルにしようとしたら、「D」ランプが点いておりません。
コンビニの駐車場に停止させ、再度エンジンをかけましたが、やはり点灯しませんでした。
「D」は一番使う場所ですから、たぶん玉切れだろうと想定し、ネットで修理費を検索してみると、
2〜6千円くらいのようです。
「明日の朝、親戚の修理工場に電話してみるか」とも思ったのですが、色々とネット検索していると、自分で修理してといる人のブログを発見しました。


という事で、今日はこのブログを参考にして、作業してみました。
ブログに書いてあるように、メーターカバーの取り付けが硬くて苦労しましたが、はめ込み部の破損もなく、上手く外す事が出来ました。
「D」のランプを外して新しい物と交換するつもりでしたが、電球が硬くて全然外れないため、新品を買うのはあきらめて、殆ど使用しない「L」のランプと入れ替えました。

あとは元通りに組み付け、エンジンをかけると無事に「D」が点灯しました。
作業時間としては5分くらいですね。

今後も何か不具合が出た時は、まず自分で修理や交換が出来るのか調べるようにしようと思います。
0

2017/4/16

Fire タブレット  

本当に久々の投稿になります。

実は昨年の夏、Amazonの「Fire タブレット」を買いました。

そして、年会費3900円のAmazonのプライム会員に登録しました。
登録すると、AmazonビデオとPrime Musicにアップされている映画、TVドラマ、音楽が見放題・聴き放題になります。
さらに、月額980円のKindle Unlimitedという、電子書籍のKindle本が読み放題のプランにも登録しました。

Fireタブレット購入後、自宅での自由時間はAmazonビデオを視聴し、会社の休み時間はKindle Unlimitedで読書をし、電車やバスで移動中はPrime Musicで音楽を聴くという生活が習慣化されました。

確かに、映画や音楽や読書の量は増えましたが、他の事をやる時間が著しく減少したのも事実です。
ブログに投稿しなくなったのもそうですし、歴史の勉強も殆どやりませんでした。

今日、半年ぶりに洗車をしました。以前は毎月必ず洗車をしていたのですが、Fireタブレットを使う時間を優先していたために、洗車もやっていなかった自分が恥ずかしくなりました。

今後は、Fireタブレットばかりではなく、あらゆる事に効率よく時間を使うようにしたいと思います。



0

2016/1/24

センター試験  

今年もこの時期がやってまいりました。
毎年恒例のセンター試験チャレンジです。

今年も日本史B、世界史Bの2教科にチャレンジしました。

結果は、日本史67点、世界史50点でした。
去年は日本史49点、世界史41点でしたので、どちらも去年より得点はアップしました。
どちらも70点以上を目指していたのですが、達成出来なくて残念です。

特に世界史は、深く考えすぎてしまい、最初に思った答えを素直に書いていれば71点だったので、悔しいです。

今まで70点以上を目指していましたが、目標が低いのかなと思います。
なので、来年は80点以上を目指し、歴史の勉強を頑張りたいと思います。
0

2016/1/1

謹賀新年  

あけましておめでとうございます。

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も社員一同、皆様にご満足頂ける金型製作を心がける所存でございますので、
何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
0

2015/12/12

映画『007』  

映画『007』シリーズの24作目『007 スペクター』が12月4日より日本でも公開されました。

私は第1作『007 ドクター・ノオ』から第22作『007 慰めの報酬』までは見ているのですが、2012年に公開された第23作『007 スカイフォール』はまだ見ていなくて、そろそろ見ようかなと思っていた頃に『007 スペクター』が公開されてしまったわけです。

初めて見た『007』映画は1985年に公開された第14作『007 美しき獲物たち』。
中学3年の夏休みに、デュラン・デュランの大ファンの友人に誘われて見に行きました。(主題歌がデュラン・デュランの「A View to a Kill」だったのです。)
ジェームズ・ボンドを演じたのはロジャー・ムーアで、この作品を最後に彼は降板します。

初めて見た『007』の感想は、ズバリ「単純明快」ですね。
ストーリーは政治色も強くて難しい部分もあるんですが、スキーアクション、カーチェイス、騎馬上での格闘、飛行船を追っての空中スタント、ゴールデンゲートブリッジの欄干上での格闘など、迫力があって、素直に楽しめた作品でした。

それ以降、他の作品も見たくなり、ビデオをレンタルしたり、新作が公開されれば劇場へ足を運び、それほどコアではありませんが、それなりの007ファンにはなったのかなと思います。

好きな作品をあげると、ショーン・コネリーの『007 ロシアより愛をこめて』『007 サンダーボール作戦』、ロジャー・ムーアの『007 私を愛したスパイ』、ティモシー・ダルトンの『007 リビング・デイライツ』、ピアース・ブロスナンの『007 ゴールデンアイ』ですかね。

『007』シリーズは主題歌も良くて、サントラCDを買って車の中で毎日聞いていましたね。
ポール・マッカートニーの『007 死ぬのは奴らだ』、シーナ・イーストンの『007 ユア・アイズ・オンリー』の主題歌が特に好きです。

近いうちに『007 スカイフォール』をレンタルして、時間が取れるようなら『007 スペクター』を見に行きたいと思います。
0

2015/7/16

S金属のAさん  

弊社が神奈川県のS金属から金属材料を購入している事は、このブログでも何度か書いています。
去年の年末に女性社員のKさんが退職したことを書きましたが、今回は別の女性社員Aさんが退職されました。
「S金属の女性社員が次々に退職する」なんて書くと、問題のある企業みたいですが、S金属は素晴らしい会社ですのでご安心を。

Aさんと初めて話したのは、私が設計を担当するようになった頃の事ですから、2004年くらいだと思います。
それまでは社長が材料手配をしていましたが、その頃から私がS金属を担当するようになったのです。
S金属には何名か女性社員がいましたが、電話に出た時に名乗る人は二人だけでした。
「はい、S金属、Aです」と必ず名乗るので、S金属の女性社員で最初に名前を覚えたのはAさんでした。

そんなAさんですが、弊社を担当した事は一度もありません。
私からの電話を担当者に取り次ぐのがAさんの役割ですから、普通なら親しく話す必要もありません。
ところがこの取り次ぎ方が、他の会社の人達を含めても、Aさんは断トツに上手いんです。
まるで、リスナーからのどんなメールに対してもトークを進める事が出来るラジオのパーソナリティみたいな感じです。(わかりにくいですか?)

例えばクレームの電話を掛けたとき担当が不在だったとします。
多くの会社は「大変申し訳御座いません。担当が戻り次第、すぐにご連絡させます」といった感じの受け答えをすると思います。
しかしAさんの場合、「あら大変。どうしましょう」とか「朝から大変ですねー」とか、まだAさんとそれ程親しくなかった頃なのに、まるで友達と会話しているような感じの応対をするんです。

特に私が強烈に覚えているのが「担当のKは逃げちゃいました」と笑いながら答えた事です。
この応対により、K君に怒りのクレームをぶつけるつもりだった私の気分は一気に和らぎ、後から電話が来た時には「人間だから失敗はする。次回は失敗しないように」と伝えていました。
もちろん、Aさんが誰に対してもそういった応対をしているとは思っていません。
「この人なら、こういう応対をしても良いだろう」という瞬間的な状況判断が出来るからだと思うのです。
この時の事は私にとって、とても意味がある出来事として、今でもよく覚えています。

それがきっかけとなり、その後の私の電話の応対方法も変わっていきました。
必要事項だけを伝えるとか単なる取次ぎだけではなく、ちょっとしたコミュニケーションを取ることを意識するようにしました。
Aさんとの電話は、電話応対の勉強の時間と考え、世間話や少しオーバーに表現したりして、Aさんの切替し方法を学び、そこで得たテクニックをフル活用させて頂きました。
今ではすべてのクライアントに名前を覚えてもらい、社長宛の電話でも、社長がいない場合は私を指名してくれる人が多なりましたし、S金属以外の取引業者とのやり取りも様々な駆け引きを駆使できるようになりました。
これらすべて、Aさんが無意識のうちに私に伝授してくれたコミュニケーション方法のおかげなんです。

今考えれば、Aさんが弊社の担当ではなかったのが良かったのかなと思います。
去年退職したKさんの場合、弊社の担当であるために「納期」「品質」「コスト」の話は避けられません。
かなり無理なお願いをする時もありますし、かなり厳しい口調でクレームをする時もあります。
ですので、お互い駆け引きしながらの電話が多かったのです。
その点、Aさんとは直接仕事のやり取りをする事もないわけですから、駆け引きする必要もなく気楽に話すことが出来ました。
仕事や家族の愚痴を聞いてもらったり、お酒の話をしたり、毎回の電話は短い時間なんですが、とても楽しく気分が癒される時間でした。
関西人なのに全然関西弁が出てこないので、一度くらい関西弁を聞いてみたかったですし、一緒に飲みにも行ってみたかったですね。

Aさんの退職は残念ですが、寿退職ですから、とても喜ばしい事なんです。
Kさんの時は、二度と声を聞くこともないのかと思い悲しくて涙が出ましたが、Aさんとはいつの日か再会出来るような気がします。
(再会といっても、Aさんとは直接会って話をしたことはなく、過去に一度、S金属に伺った時に一瞬見かけたことがあるだけですが。)

「Aさん。今までありがとうございました。Aさんとの電話はとても楽しい時間でした。どうかお幸せに。」
「いつの日か、関西弁を聞かせてください。白ワインを飲みながら」

0

2015/4/6

自分の頭で考える  

仕事ができる人に共通している事は何でしょうか?
それは「自分の頭で考える」という事だと思います。
「そんなの誰だってそうでしょう?」と思うかもしれませんが、果たしてそうでしょうか?

ここで言う「自分の頭で考える」というのは、「どの方法が一番良いのかを考え抜き、正しい取捨選択が出来るか」という事です。
もちろん、他人の意見やアドバイスを参考にすることはあるかもしれませんが、それを猿真似するのではなく、創意工夫することで独自の解決方法を編み出す事が重要だと思います。

昨日の仕事も、もっと「早く」「正確に」「簡単に」「安く」出来る方法はないか考える。
そして考え出した方法を実行する。
その結果、成功する時もあれば失敗する時だってあるでしょう。
成功は当然進歩ですが、失敗だって「この方法は駄目なんだ」という学びがあるわけですから、立派な進歩なんです。
失敗するのが嫌だからと、今までと同じ方法の繰り返しは、確かに間違いはないでしょう。
ですが、同時に発展性もないわけですから、前へ進むことは出来ないんです。

これは仕事に限った事ではなく、どんな事にもあてはまると思うのですが、教科書通りにやっていたら、いつまでたっても現状打破は出来ないんです。
ある程度までは教科書は必要だとしても、常に成長意欲、進化欲を持ち、創意工夫していかなければ、駄目なんです。

自分の人生を素晴らしいものにする為に、常に「自分の頭で考える」を意識して、歩んで行きたいと思います。
0

2015/3/22

3日坊主のススメ  

「3日坊主」という言葉は、一般的には悪い意味で使われる事が多いですよね。
でも、私はこの「3日坊主」を意識的に行っています。

例えば「数学の勉強」を毎日少しずつやろうと思った時、まずは「1日15分の勉強を3日間続ける」と決め、これは確実に実践します。
そして3日経った時、「継続」か「縮小」か「断念」を選択します。

「継続」を選んだ場合、勉強時間を30分以上に変更して3日間続けます。
「縮小」を選んだ場合、勉強時間を5分や10分に変更して3日間続けます。
そして再び3日経った時、「継続」か「縮小」か「断念」を選択して3日間続けます。
その後もこれを繰り返し、「継続」を選択し続ける事で結果的に「習慣化」されるようになります。

さて最初の3日後に「断念」を選んだ場合ですが、これで即終了ではなく3日間休養します。
そもそも「数学の勉強をやる」というのは他人に無理矢理強制されたのではなく、自分自身が望んで決めた目標ですから、その場で断念を選ぶには早すぎます。
まずは3日間時間を置いて色々考えてから「継続」か「縮小」か「断念」を選択します。

ここでも「断念」を選んだ時ですが、とりあえず一旦は断念します。
そして手帳の「1年間の目標」のページに「数学の勉強を毎日少しずつやる」と書き、年内中に必ず再トライするようにします。

以上はあくまで一例ですから、すべてがこのように行くわけではないのですが、とにかく基本は「最低3日間は続ける」という事です。
いきなり大きな目標は大変ですし、続かない可能性も高いので、まずは「3日坊主」で良いんです。この「3日坊主」を「継続」「縮小」「休養」を繰り返す事で、結果的に習慣化されるわけです。

皆さんも、ぜひ3日坊主を実践して下さい。

0

2015/1/18

センター試験  

毎年恒例のセンター試験チャレンジ。

今年は日本史B、世界史Bの2教科にチャレンジしました。

結果は、日本史49点、世界史40点でした。
去年は日本史61点、世界史41点でしたので、どちらも去年より落ちてしまいました。

今年は、どちらの教科も私のあまり得意ではない範囲が多く出題されている感じがしました。
なので、今年の範囲をもっと勉強する必要があるという事を実感できました。

70点以上を目指して、今年も歴史の勉強を頑張りたいと思います。
0

2015/1/1

謹賀新年  

あけましておめでとうございます。

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も社員一同、皆様にご満足頂ける金型製作を心がける所存でございますので、
何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
0

2014/12/31

2014年総括  

今日で、2014年も終わりですね。

今年の出来事で印象に残っている事と言えば、9月の御嶽山噴火ですね。
静岡県には富士山がありますし、そもそも伊豆半島は伊豆東部火山群と呼ばれてマグマの岩脈貫入が原因とされる群発地震が現在もしばしば発生するわけですから、いつ噴火してもおかしくないわけで、とても不安な出来事でした。

2月にはソチ冬季五輪がありましたね。
フィギュアスケートの羽生選手やジャンプの葛西選手たちの活躍は感動しました。
今年のスポーツ界で最大の出来事は、なんと言ってもテニスの錦織圭選手の大活躍ですね。
日本人で初の全米オープンの決勝進出は見事でした。

その他にも、消費税8%に増税、富岡製糸場の世界遺産登録、マレーシア航空機行方不明事件、STAP細胞に関する一連の出来事、「現代のベートベーン」と呼ばれた佐村河内氏のゴーストライター問題、野々村議員の疑惑、デング熱、笑っていいとも終了など、振り返ってみるといろいろありました。
楽しい話題があまりなかったのかなあとも思いますが、来年は良い出来事がたくさんあればいいなあと思います。

共和金型製作所も無事に年越しをする事が出来ました。
これも皆様のご協力のおかげです。
ありがとうございました。
2015年も今まで以上に皆様に満足して頂ける金型を製作していくために、
社員一同、頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

では、よいお年を。
0

2014/12/27

別れ  

昨日、一人の女性との別れがありました。
弊社は神奈川県のS金属から金属材料を購入しているのですが、そこの女性社員のKさんが諸事情により退職することになりました。
納期や金額で無理なお願いを聞いてもらったり、厳しいクレームの電話をしたり、Kさんには迷惑を掛けていたと思います。
ですが、仕事がテキパキと出来る人なので、私も安心して仕事をお願いする事ができたのです。

Kさんは内勤業務なので、弊社に納品に来たりすることはありません。
ですので、一度も直接会った事もなく、顔もわかりません。
営業担当の男性社員はいるのですが、外出している事が多いので基本的にはKさんと電話で仕事のやり取りをします。

Kさんと初めて話したのは、私が設計を担当するようになった2004年頃だと思います。
ですが、材料の注文や図面の不明箇所の問い合わせ等、ごく普通の仕事の電話だけでしたので、数年間は他の女性社員との区別もつきませんでした。

2009年頃だと思いますが、頼んでいた品物が不良品だった事がありました。
その時、当時の営業担当K君の取った態度と言動に対して私は非常に腹が立ち、彼の会社に電話をしました。
電話に出た女性社員に「あいつは何だ!俺をなめてるのか!」と大人気ないクレームをしました。
その女性社員は「なめてなんていませんよ。彼は少し不器用な性格なんです。長い目で見てあげてください」というような内容の事を私に言いました。
彼女にしてみれば単なるクレーム処理の対応なんでしょうけど、私は彼女から何か重要な事を教えてもらった感じがしました。
その女性社員がKさんで、それがきっかけで、仕事から脱線したような会話も時々するようになりました。
天気やニュースのような時事ネタ、私の娘の事、お酒の話など、仕事中の電話なので時間にしたら1〜2分くらいの会話なんですが、楽しい時間でした。
また、私の娘の誕生日にマグカップをプレゼントしてくれたり、静岡県で売っていない文房具を代わりに買ってきてくれたり、プライベートでもお世話になりました、

私も今年44歳ですので、卒業、引越し、転職、失恋、死去等、数多くの別れを経験しています。
ですが、電話でしか話したことのない人との別れが、これ程寂しく、悲しいとは思いませんでした。
昨日の夕方、材料の金額交渉が最後の電話となりましたが、電話をしながら涙が出てきました。
私の人生においてKさんはとても重要な女性だったという事を実感しました。

『人生とは、出会いと縁と別れです。
出会ってから別れるまでの間に、嬉しいことや悲しいことがあって、
それを無事に越えていくことが生きるということなんです。』


これは瀬戸内寂聴さんの名言ですが、今はこの言葉がとても深く感じられます。

最後に、普段のKさんに対する呼び方で締めたいと思います。

「Tちゃん。今までありがとうございました。Tちゃんから教えられたことは私の人生の宝です。新たな人生を強くたくましく生き抜いて下さい。陰ながら応援しています。」

0

2014/11/15

世界史  

私は昔から歴史が好きなので、生涯学習として気長に歴史の勉強をしています。
その一環として、歴史能力検定の日本史と世界史の2級合格を目指している事は以前も書きました。
2級は高校レベルの内容で、過去問題集をやっても今は全然得点出来ません。
ですので、今は焦らず基礎から歴史を勉強して、2022年くらいには受験出来るレベルまで上げたいと思っています。

今年は世界史をメインに勉強しています。
とりあえず高校の世界史Bの教科書を読み、ノートにまとめたりして、歴史の基本的な流れを把握しようと思っています。
エジプト文明、メソポタミア文明のいわゆるオリエント文明から始まって、古代ギリシア、ローマくらいまで進んでいますが、教科書にはのっていない内容も知りたくなり、図書館で関連書籍を借りて読んでいます。

そろそろ次のインダス文明にも進むべきなんでしょうが、もう少しオリエント世界を楽しんでみようかなと思っています。

古代エジプトうんちく図鑑


シュメル―人類最古の文明 (中公新書)



0

2014/8/14

スキマ時間  

最近、スキマ時間の有効活用について考える事が多くなりました。
そもそも「スキマ時間って何?」という方もいるかもしれませんが、
一般的には予定と予定の間に生じる空き時間や移動時間、待ち時間などに生じる「短時間の暇」の事を意味します。
5分程度の事もあれば、2時間くらいの電車移動時間なんて場合もあるでしょう。

たかが5分程度だからと言って、侮ってはいけません。
例えば毎日5分間だけ英語の勉強をしたとして、5分×365日=1825分、1年間で30時間25分も勉強時間に当てられるのです。
勉強したいけど仕事が忙しくて時間が取れないと思っている人でも、5分程度のスキマ時間は存在するはずです。
是非とも、今日からでも有効活用してみたら良いと思います。

スキマ時間は「予想外の時間」と「自ら作り出した時間」の二つに大別出来ると私は思います。
「予想外の時間」というのは、待ち合わせの時間に相手が遅刻した時や、電車移動中に車両故障等でしばらく停車していた時などに生じるスキマ時間です。
あくまで突発的に発生するスキマ時間なので頻度としては低いのですが、以降の予定が崩れるので出来る事ならば発生してはならない時間ですね。
なので、スキマ時間の殆どは「自ら作り出した時間」になります。

1時間で完了予定の仕事を50分で終わらせるのも、1時間半かかってしまうのも、偶然や自然の流れでそうなったのではなく、すべては自分自身の意識で決まります。
「50分で終わらせるんだ」と意識をして仕事をした結果、10分間のスキマ時間を「自ら作り出した」のです。
朝起きる時間を早くしてみるとか、昼休みに昼食を簡単に済ませて時間を作るとか、なんとなくテレビを見続けるのをやめるとか色々ありますが、みんな同じ事です。
すべて自分自身で意思決定した行動であり、その結果としてスキマ時間が作られたのです。

スキマ時間に何をするのかは、各自の自由です。
読書、音楽鑑賞、勉強、ウォーキングやストレッチなどの運動、簡単な仕事、整理整頓、パソコン作業など、なんでも良いと思います。
でも、せっかく作り出した時間なので単なる暇つぶしや気分転換で終わらすのではなく、「自己の更なる進歩・向上」につながる行動をするべきだと思います。
0

2014/2/1

センター試験  

毎年恒例のセンター試験チャレンジ。

今年は日本史B、世界史B、地理B、現代社会の4教科にチャレンジしました。

結果は、日本史61点、世界史41点、地理51点、現代社会52点でした。
去年は日本史が37点と最悪の結果でしたので、一年間日本史をメインに勉強してきました。
なので、61点という結果は非常に不満ですね。
結構自信のあった問題が×だったりするケースが多く、まだまだ勉強不足だなあと実感しました。
70点以上を目指して、今年も歴史の勉強を頑張りたいと思います。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ