共和金型製作所HPへ戻る

2014/1/1

謹賀新年  

あけましておめでとうございます。

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も社員一同、皆様にご満足頂ける金型製作を心がける所存でございますので、
何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
0

2013/12/31

2013年総括  

今日で、2013年も終わりですね。

今年の出来事で印象に残っている事と言えば、6月に富士山が世界文化遺産に登録された事ですね。
私は子供の頃から富士山を見て育ち、今も毎朝富士山を真正面に眺めながら車通勤しています。
伊豆の国市、三島、沼津、富士、御殿場、富士宮、清水、そして山梨県と、同じ山なのに場所によって富士山の見え方は全然違います。
でもやっぱり普段の生活の中で見える富士山の形が、自分にとっての富士山ですね。

2020年夏季五輪・パラリンピックの開催都市が東京に決定したのも良いニュースでしたね。
自分は学生時代に体操をやっていたので、体操競技を見に行きたいですね。
まあ、プラチナ・チケットなんでしょうけどね。

共和金型製作所も無事に年越しをする事が出来ました。
これも皆様のご協力のおかげです。
ありがとうございました。
2014年も今まで以上に皆様に満足して頂ける金型を製作していくために、
社員一同、頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

では、よいお年を。
0

2013/12/28

仕事納め  

今日は仕事納めでした。

午前中は通常通り仕事をし、午後は掃除です。

パソコンのエラーチェック、ウイルスチェック、デフラグ等を実行しながら、設計室の整理・整頓、窓やテーブルの拭き掃除しました。

「5S活動」を意識するようになってから、整理・整頓はこまめにやってきたのですが、まだまだ不要な物はありますね。
特に印刷ミスや設計ミス等の理由で、表に出ることなくゴミとなってしまった図面が大量にあります。
これら図面をシュレッダー処理しながら、「これらの図面を書くのに、どれだけの時間やコストが掛かったのだろうか」と反省しました。
こういったゴミを極力減らすために、「確認」を怠らないようにしたいと思います。

0

2013/10/13

尿管結石  

10月も中旬になりました。
それなのに猛暑日が続いています。
寒暖の差が激しい日もありますので、体調管理はしっかりしていきましょう。

体調管理という点で、私にもある出来事がありました。
9月5日の早朝4時頃、左脇腹に急激な痛みが発生しました。
今までに体験したことのない、のたうちまわる激痛です。
とても自分で車を運転出来る状況ではなかったので、隣の市に住む両親に迎えに来てもらい、救急病院に直行しました。

車の中で病院に連絡しておいたので、病院到着後すぐに診療室に通されました。
先生に問診してもらうと「たぶん尿管結石ですね。」との事。
CTスキャンで検査をし、痛み止めの座薬をして、点滴をやりながら1時間程横になっているとかなり痛みが治まりました。
再び診療室に呼ばれ、自分の輪切り画像を見ながら説明されました。
「8ミリくらいの大きさの結石が二つ見えますね。一つは今日か明日にでも落ちるでしょうが、もう一つはいつ落ちるのかはわかりません。とにかく水分を多く摂取して、早めに流す努力をして下さい。」という事でした。

帰宅後、すぐに大量の水を飲み、さらに「ウラジロガシ茶」が結石を流すのに良いと聞いたので、妻に買ってきてもらいました。
翌日は痛みもなくなったので、通常通り出勤し、仕事中も水筒にいれたウラジロガシ茶をまめに飲んでいました。
お昼過ぎくらいにトイレに行くと、茶色く濁った尿と共に、3粒くらいの石が出てきました。
これで一安心です。
それにしても、尿管結石がこんなに苦しいものだとは思いもしませんでした。
こんな激痛、二度と体験したくないですね。

翌日以降も、もう一つの結石を落とすために「ウラジロガシ茶」は飲み続けております。
痛みは全然ないので、落ちたのかまだなのか全然わかりませんが、再発を防ぐためにも1年くらいは飲み続けてみたいと思います。

山本漢方の100%ウラジロガシ茶 5g×20P


0

2013/1/21

センター試験  

毎年恒例、センター試験。
今年は、日本史Bだけではなく、世界史Bにもチャレンジしました。

結果は、日本史Bが37点、世界史Bが45点という、とても惨めな点数でした。
去年一年間は主に世界史の勉強に重点を置いていたのですが、まだ教科書の3分の1程度しか進んでいないため、世界史に関しては、まあこんなものかなと思いました。

日本史に関しては、テーマ史、古代史はそれなりに得点できたのですが、他はイマイチで、特に現代史は全滅でした。
日本史は70点を目標にしていたのですが、全然勉強が足りないなあと実感しましたね。

これにめげることなく、今後も歴史の勉強を頑張りたいと思います。
0

2013/1/1

謹賀新年  

新年あけましておめでとうございます。
本年も共和金型製作所をよろしくお願いします。
0

2012/12/30

2012年総括  

早いもので、2012年も明日で終わりです。

今年の出来事で印象に残っている事と言えば、やっぱりロンドンオリンピックですね。
体操の内村航平選手、レスリングの吉田沙保里、卓球の女子団体が印象に残っています。
また、新東名高速道路の開通や、東京スカイツリーの開業といった新しい観光名所の話題もありました。
特に新東名の開通により、静岡県内の主要道路は以前よりは渋滞が減少しているようですので、ありがたいです。

5月の竜巻被害や12月の笹子トンネルの天井板崩落事故など、恐ろしい災害や事故も発生しました。
今まで竜巻のニュースはアメリカ等の海外での出来事という印象が強かったのですが、あんなに恐ろしいものだとは思いませんでした。
トンネルの事故に関しては、限りなく人災に近いような事故という印象を受けました。
私もトンネルは頻繁に利用しているわけですし、今後このような事故が発生しないように、しっかりと対策をしてもらいたいと思います。

年末の衆議院議員選挙では、自民党が民主党から政権を奪還しました。
新内閣の各閣僚からは、前政権の主要政策を転換する発言が相次いでいます。
政権公約では「デフレ脱却・日本経済再生」を新政権の主要課題としているようですし、何としてでも日本経済を復興させてもらいたいですね。

今年一年、皆様のご協力によりまして、共和金型製作所も無事に年越しをする事が出来ました。ありがとうございます。
2013年も今まで以上に皆様に満足して頂ける金型を製作していくために、社員一同、頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

では、よいお年を。
0

2012/12/19

ダーウィンの名言  

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』


これは私が好きな名言の一つです。
進化論で有名なイギリスの自然科学者、チャールズ・ダーウィンが名著『種の起源』に書いた言葉だと、高校時代に教わりました。

つい先日、通勤中に車の中でラジオを聞いていましたら、この言葉の事が取り上げられていたのですが、『種の起源』のどこを探しても、この言葉は書いてないそうなんです。
そのラジオでは

「この言葉を引用するのはビジネス関係の書籍がメインで、生物学の書籍等では見られない。ダーウィンがこの言葉と同様の考え方を示したのは事実であると思われるが、残念ながら文献等には残していない。おそらく後に経済学者などにより創作された言葉ではないかと思われる。」

と解説していました。

『種の起源』に書かれていないだけではなく、ダーウィンの言葉でもないとは驚きました。
でも、ダーウィンの言葉でなくても、この言葉の意味する部分ってとても重要だと思います。
名前の知れている大企業であっても、時代の変化に対応出来なかったために倒産してしまったというニュースも、時々ありますよね。
企業だけでなく、人だって同じです。
どんなに仕事が出来る人であっても、過去の実績に固執して新しい技術への対応を怠ると、進歩は止まってしまいます。
そうならないためにも、新しい技術や知識の吸収は積極的に行っていきたいと思います。

今後の日本はどうなるのか全くわかりません。
新聞やテレビ等の報道を見ても、景気については良い話しはしていません。
しかし、どんな時代になろうとも、その時代を生き抜かなければならないのです。
我が社も私個人も、時代の変化に対応していくために、頑張っていきたいと思います。

種の起源〈上〉 (光文社古典新訳文庫)


0

2012/12/17

衆議院議員選挙  

昨日は衆議院議員選挙の投票日でしたね。
私も午前9時くらいに投票に行ってきました。
前回よりも投票率は下がったという報道の通り、私が行った投票場も人が少ない印象を受けました。

選挙の結果は、民主党の大敗による自民党・公明党の政権奪回という事になりました。
これも選挙前から予想されていた通りの結果でしたが、ここまで民主が惨敗するとは思いませんでした。

重要なのはこれからですね。
消費税増税、TPP、原発、領土問題、被災地復興など、多くの問題に対して、安倍内閣がどのような政策で進んでいくのか、注目したいと思います。
0

2012/7/1

歴史能力検定  

以前、「センター試験の日本史Bで70点以上取る」という目標を達成させるために、歴史の勉強を始めたと書きました。
毎日少しずつ勉強しているのですが、忘れていた歴史を思い出したり、新たな知識を吸収していくうちに、歴史の勉強そのものが面白くなり、もっと大きな目標を目指したくなりました。

そこで、思い立ったのが「歴史能力検定への挑戦」です。
歴史能力検定協会というところが主催している検定試験でして、毎年夏と冬の2回、全国で検定試験が開催されています。
「日本史」「世界史」「歴史基本」「歴史入門」の4つの部門に分かれていて、「日本史」には難易度の異なる1・2・3・準3級が、「世界史」には1・2・3級の試験があります。
また、「歴史基本」は日本史と世界史を一緒にしたもので4級、「歴史入門」は日本史のみを扱ったもので5級となります。

本来ならば1級に挑戦したいところですが、1級の検定料は1科目7000円と少々高価。
日本史と世界史の両方を受験したいので、検定料が1科目3500円の2級に挑戦することにしました。

2級のレベルは、高校で学ぶ内容と新聞やテレビなどで取り上げられた時事問題なども含まれ、比較的高度な歴史知識が要求されるようです。
出題形式は4肢択一問題が45門、記述問題が5門の計50門による100点満点形式で、合格基準は正解率60%が目安との事です。

先月の初め、書店で2級の過去問題集をパラパラとめくってみましたが、全然出来ませんでした。
3級の過去問題集も、辛うじて半分くらい正解した程度です。
今の状態では3級も合格出来ない実力ですから、一発合格を目指すために10年計画として、本格的に勉強しようと思います。

計画としては、2017年12月までは基礎的な勉強期間にあてて、3級の過去問題集の正解率を95%、2級の過去問題集の正解率を60%まで獲得できるようにし、2018年から2022年までに、合格できるであろうという確信がもてた時点で受験したい思います。
2

2012/6/11

篠田麻里子のスピーチ  

先日、AKB48の総選挙の模様を放映していましたね。
娘が見ていたので、私も少しだけ見ました。
私自身はAKB48って実はよくわからなくて、名前と顔が一致するのが五人くらいです。

私が見たのは、篠田麻里子のスピーチの時なんですが、良いこと言っていましたので、ここに紹介します。

こんなにも素敵な順位をありがとうございます。
こうやってみなさんのあたたかさや、ありがたみを本当に感じられるのもこの総選挙だと思ってます。
私はこの総選挙が嫌いではないです。
自信があるからではありません。
自信はないですし、今日までこの日が来るまではすごい不安でした。
眠れない日もありました、だけど、こうやって皆さんのあたたかい声援とあたたかい気持ちがぶつかる 今日の日を、この緊張感を味わえる今日の日を、自分にとっても成長出来る日だと思っています。

後輩に席を譲れと言う方もいるかも知れません。
でも、私は席を譲らないと上にあがれないメンバーは、AKBでは勝てないと思います。
私はこうやって 皆さんと一緒に作り上げるAKB48というグループが大好きです。
だからこそ 後輩には育って欲しいと思ってます。

悔しい気持ち、すごくあると思います。
正直、私も今びっくりして少し悔しいです。
でも、そうやって悔しい力をどんどん先輩、私たちにぶつけて来て下さい。潰すつもりで来て下さい。
私はいつでも待ってます。
そんな、心強い後輩がでてきたならば、私は笑顔で卒業したいと思ってます。

最後に、この票数は、今日までの私の1年間の評価ではなく、今日から来年までの篠田麻里子への期待だと思ってます。
この、来年はもっともっと期待されたいと思ってますけど、この期待を胸に今日から頑張っていきます。
よろしくお願いします。


私はこのスピーチを、単なるアイドルのスピーチではなく、実はすべての人間にとって重要なスピーチだと感じました。
仕事、スポーツ、学業など、あらゆる分野において、このスピーチの意図する部分はあてはまります。

自分の人生をより良いものにするために、全力でぶつかっていきたいなあと思います。
3

2012/5/29

沼上げ  

先週の日曜日は、年に一度の町内会の「沼上げ」の日でした。
沼上げと言うと聞きなれないかもしれませんが、どぶ掃除や歩道の草刈、ゴミ拾いといった清掃作業です。
近所の人たち約30人くらいが参加し、朝8時から2時間くらいかけて住居周辺の道路や側溝を掃除しました。
どぶ掃除は工事関係の仕事をしている方々が担当してくれたので、私は草刈を担当しました。
草刈といっても道路と崖の隙間に生えている雑草の除去なので、鎌などで刈るわけではなく、シャベルやバールで根の周りを掘り起こしてから引き抜くという作業です。
これがなかなか大変で、根が地中にしっかりと植わっているために簡単に抜けないのです。
思い切って引き抜いても、上の部分だけがちぎれて根は残ったままなんてことも多かったですね。

けっこうハードな作業でしたが、周辺がきれいになったので、気持ちのよい汗をかきました。
来年も参加しようと思います。
0

2012/5/4

ゴールデンウィーク  

今年のゴールデンウィークは、特に遠出やレジャーの予定もなく、午前中は家でのんびりとすごし、午後から富士市や沼津市へ買い物に出掛けるという、通常の休日と同じようなことをしています。
お出かけ気分を味わいたいのは山々なんですが、どこへ行くにも道が渋滞しているようなので、連休が明けてから家族旅行でもしようかなと考えています。

今日の午前中は、2年前くらいにベストセラーとなった、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』を今更ながら読みました。
小説としては、まあこんな物かなあと思いましたが、ドラッカーのマネジメント論をわかりやすく紹介してあるので、ビジネス入門書として見れば、とても良い作品だと思います。
読みながら、自分の会社にも有効活用出来る要素が多いなあと感じました。
今度は、ドラッカーの『マネジメント』も読んでみようと思います。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

0

2012/2/25

歴史の勉強  

以前、来年のセンター試験「日本史B」で70点以上を目指すため、毎日少しずつ歴史の勉強をしたいと思いますと書きました。

あれから数日後に、
歴史中学事典 (くわしい参考書)

という本を購入し、毎日少しずつですが勉強をしています。

「センター試験対策なのに、なんで中学の歴史事典?」と思われる方もいるかもしれませんが、勉強なんて20年以上やっていないわけですし、いくら歴史が好きだと言っても、知識は偏っています。
真剣に70点以上を目指していますので、基礎レベルから本格的に勉強してみようと思ったわけです。

この参考書、中学と書いてありますが、高校レベルの内容もかなり織り込まれています。
中学1年の娘に見せたところ、「こんなの習ってない」の連発でした。
かなり詳しく解説してあるので、この本1冊でかなりの知識が得られると思います。

一年間、頑張ります。


0

2012/1/15

センター試験  

私の毎年恒例行事として、センター試験の日本史Bの問題にチャレンジというものがあります。
今朝の朝刊に掲載されていましたので、さっそく問題に取り掛かりました。

結果は55点。去年より大幅に点数が下がりました。

センター試験の問題は、人名や用語をストレートに回答させる問題は少なく、当時の政治、経済の状況や庶民の生活環境などを「歴史の流れ」で理解しておかないと解けない問題が殆どです。
そのため、人名や出来事を部分的に記憶している程度では、全然回答出来ません。

来年は70点を目標とし、一年間、歴史の勉強をしようと思います。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ