共和金型製作所HPへ戻る

2009/12/27

2009年総括  

早いもので、あと数日で2009年も幕を閉じようとしています。

今年一年を振り返ると、共和金型としては非常に厳しい一年でした。
出入りの工具屋さんや、材料屋さんの方々と話すと、「いやあ、共和さんは仕事があるほうですよ。A社さんなんて草取りやペンキ塗りばかりやってますよ。」と、言ってはくれますが、我々としては、そんな言葉に喜んでいる余裕はありませんでした。

実際の業務を見て感じるのは、各部所における仕事量や工程のバランスが悪かったことですね。

今までは、金型が起工されると取引先から紙図面や3Dモデルが最初の時点である程度支給されていたので、全部所で一斉に製作に取り掛かることが可能でした。
ところが今年の場合は、素材図や素材モデルのみ支給され、その他の図面やモデルはすべて当社で設計するというパターンが非常に多かったのです。
そのため、設計サイドが図面や加工プログラムを作り終えるまで、加工現場サイドは何も出来ないというケースが多くなってしまいました。

来年以降も、素材図や素材モデルのみ支給であとはすべて自社製作というケースは増えていくと思うので、設計サイドとしては今まで以上に短時間で図面や加工プログラムを作り上げることが来年の大きな課題ではないかと思います。

来年は、どんな年になるのかわかりませんが、社員一同頑張っていきたいと思います。

今年一年、共和金型製作所をご愛顧頂いた方々には厚く御礼を申し上げます。
体調等に気を付けて、良いお年をお迎え下さい!
2

2009/8/17

八月  

あっという間に八月も半分過ぎました。

静岡県では、各地で先日の地震による影響が少なからず出ているようですね。
当社は地震による被害は特にありませんでしたが、震源地に近いところにある取引先の話では、工作機械が転倒するという被害にあわれたという事でした。
我々としても他人事ではなく、この先いつ発生するかわからない東海大地震への対策をしなければならないなあと感じました。

まだまだ残暑が厳しい毎日が続きますが、これからもがんばっていきたいと思います。
3

2009/5/24

久々  

四ヶ月振りの書き込みです。

不況は相変わらず続いているようですが、皆様はいかがでしょうか?
助成金制度を導入されている企業や、規模を縮小された企業など、各社様々な対策により、この不況を乗り越えようと頑張っているようですね。
いったい、いつまでこの不況が続くのかわかりませんが、社員一同、頑張っていきます。
4

2009/1/14

謹賀新年  

新年あけましておめでとうございます。

2009年がスタートしてから二週間が経過しました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今年は世界的にも厳しい年になりそうですが、どんな時でも初心を忘れずに良い金型を作る事を、社員一同心がけて頑張って行きたいと思います。

本年もよろしくお願いします。
1

2008/12/18

景気  

世界中で大不況となっていますね。
我が社も少なからず影響を受け始めています。
とりあえず、今与えられている仕事を一生懸命仕上げていくしかありません。

10月に東京精密さんのCNC3次元測定機を導入しました。
今まで計測出来なかった複雑な形状も正確に測定出来るので非常に便利です。
この3次元測定機を有効活用し、金型製作をスキルアップさせて行きたいと思います。
0

2008/10/12

反リアルタイム派  

私は、基本的には映画、テレビドラマ、小説は、リアルタイムでは見ないようにしています。
視聴率やブームに流されて見てしまうと、その作品の本当の面白さがわからないような気がするからです。
例外としては娘と「あらしのよるに」や「崖の上のポニョ」を劇場で見たくらいで、通常は最低でも三年くらい経過しないと見ませんね。

今見ているテレビドラマは、「あいくるしい」です。
内容も勿論良いのですが、伊豆の各地でロケをしているドラマなので、ロケ地が何処なのか見分けるのも楽しいですね。
0

2008/10/5

ミスリーディング・アプリケーションに注意  

最近被害が拡大しつつある「ミスリーディング・アプリケーション」をご存知ですか?
これはネット詐欺の一種で、ユーザーを騙して悪意のあるソフトウェアをダウンロードさせようとする手口、あるいはそのために利用されるプログラムのことなんです。

ミスリーディング・アプリケーションは、ダウンローダ、単純なブラウザ広告、メール、リンク等さまざまな形でネット上に出現します。
その多くが、正規のセキュリティソフト会社のサイトにそっくりに作られた偽サイトです。
さらに最近は正規サイトのWebサーバに不正侵入して、.htaccessファイルの内容を書き換え、検索エンジンの巡回で拾わせて、検索結果から「antivirus2008」「antivirus2009」などの偽ウイルス対策ソフトウェアの宣伝サイトにリダイレクトされるよう操作されている事も発覚しました。
リダイレクトはGoogle、Yahoo!などの主要検索エンジンで発生し、相当の確率で偽ウイルス対策ソフトウェアが表示されていると思われます。
現時点で Webサーバがどのような手段で不正侵入されたかは不明との事です。

ユーザーが目にするであろうメッセージの例を挙げると、「Your computer is in danger!(あなたのパソコンは危険な状態にあります)」「Get a better PC(より快適なパソコンを手に入れよう)」「Protect your PC from hackers!(ハッカーからパソコンを守ろう)」といったものですね。
その脅威を排除するためといって、実際にはセキュリティ効果のない無料の偽セキュリティ対策ソフトウェアをダウンロードするよう促します。
この時、無料会員登録と称して住所、氏名、メールアドレスなどの個人情報を入力させる事がほとんどです。
誘導に乗ってダウンロードをすると、1000種類以上が存在するトロイの木馬型ダウンローダー「フラウドロード」(FraudLoad)を仕掛けられます。フラウドロードがインストールされてしまうと、偽ソフトの導入のために入力した個人情報を抜き取られてしまいます。
ダウンロードされた偽ソフトウェアは、製品の有料アップグレードなどと称してソフトウェアの購入代金を振り込ませようとしたり、様々な事項を入力させて個人情報を盗もうとします。

被害に遭う危険性を最小限にするためには、
1,ウイルス対策を万全にし、覚えのないものや疑わしい添付ファイルやメッセージを開いたり応答したりしない。
2,怖がらせたり、判断を誤らせたりするようなメッセージを冷静に分析し、安易に警告に従わない。
3,疑わしいWebサイトに個人情報を入力しない。
4,クレジット決済や送金の手続きは,信頼できる取引相手に限定して行なう。
といった事を、各自がしっかり管理していくしかないようです。
皆さんも十分気をつけて下さい。
0

2008/9/9

大相撲大麻疑惑  

とうとう北の湖理事長が辞任ですね。
「クロでも辞めない」なんて言っていた時は「往生際の悪いヤツ!」とか思いましたが、いざ辞任となると、北の湖本人が悪い事したわけではないので、ちょっと気の毒な気もします。

それにしても大嶽親方の「本人がやっていないということなので、自分も信じている」という発言には考えさせられました。

例えば「自分の子どもが学校で喫煙したので停学喰らう」という事があった時、もし子どもが「吸っていない」と言ったら私たち親はどうしたらいいんでしょう?
親だからこそ子どもの言う事は無条件に信じてあげたい…という気持ちと、やはり真実は真実として追究すべき…という気持ちと、両方あって複雑です。

子どもが言っていることが真実か嘘かは、親なら見抜ける!と思ってはいるのですが、実際にはどうなんでしょうか。
案外と親馬鹿フィルターが、かかってしまうんですかね。
でも、もしそれが真実でなくとも信じてあげたいという気持ちも責められるものではないと思うんですよね。親心ですから。

露鵬と白露山は解雇だそうですが、それでうやむやにせず、きちんと真相解明をお願いしたいです。
0

2008/9/3

次の総理  

福田康夫首相が退陣表明したことで、「次の総理大臣は誰か?」という事が話題になっています。
麻生太郎幹事長が最有力候補のようですが、対立候補として小池百合子元防衛相や石原伸晃元政調会長などの名前も挙がっていますね。
総理大臣が変わるだけで日本の景気が良くなるとは全然思っていませんが、はっきりしない福田さんよりは、麻生さんや小池さんの方が良いような気はします。

小学四年になる私の娘はニュース番組を見ながら「小泉改革の継承者を出さないといけないなら、小泉さん本人が総理になればいいのに」と言っています。
小泉さんは、小学生にも判りやすい政治家なんでしょうかね。
0

2008/8/27

残暑  

前回の日記から二ヶ月が経過しました。
毎日仕事で一日中パソコンの前にいるため、仕事以外ではあまりパソコンを起動しません。
目も疲れますし、私の自宅のパソコン部屋はエアコンがないので、この猛暑の中、汗だくになってまで日記を書く必要もないかなあと。
まあ、言い訳みたいになってしまいましたが、だんだん涼しくなってきましたので、また少しずつ書いていきたいと思います。
金型のことばかりでは面白くありませんので、今後は色々な事を書こうと思っています。

そんな訳で、今日は北京オリンピックについて。
私自身が小学4年から高校2年まで器械体操をやっていましたので、やはり体操競技が一番気になりました。
前回のアテネで日本は団体総合で金メダルを獲得していますが、今回の北京では、10点満点ルールではなく、得点に上限を決めないルールに変更になりましたので、当初から連覇は難しいのではと予想されていました。
日本は団体総合銀メダル、個人総合は内村君が銀メダル、種目別はメダル無しという結果ですが、私の感想としては、決して褒められる銀メダルとは思いません。
特に個人総合の内村君の場合、あん馬で二度も落下するという大過失をしていながらの銀メダルです。これは10点満点ルール時代には考えられないことです。
次回のロンドンでは、六種目すべてを完璧に演技した結果によるメダルを期待します。


0

2008/6/27

勝ち組と負け組  

六月も終わろうとしています。
皆様はいかがお過ごしですか?
早く梅雨明けとなって、気持ちの良い青空を眺めてみたい今日この頃です。

さて、よく「勝ち組」と「負け組」という言葉を耳にします。
古くはビデオテープの「VHS」と「ベータ」、最近話題になったものとしては、次世代DVDの「ブルーレイ」と「HD DVD」などがわかりやすい例えでしょうか?
人間関係、職業、娯楽など、あらゆる事柄において「勝ち組」と「負け組」は存在します。
勿論、「勝ち組」が全て正しくて「負け組」は間違っているという事ではありません。
企業で例えると、違法な仕事で莫大な利益を得ている会社も「勝ち組」に入ってしまいますし、真面目に地道な労働をやっていても、不況のあおりを受けて「負け組」になってしまう場合もある事でしょう。

金型業界にも、「勝ち組」と「負け組」あります。
忙し過ぎて悲鳴を上げている会社もあれば、不景気のため倒産してしまう会社もあります。
当社は「勝ち組」なのか「負け組」なのかわかりません。
とりあえず、今は仕事のほうも安定していますが、突然仕事の依頼が無くなることだって考えられます。
そうならないためにも、お客様から喜ばれ、「安心して任せられる」と評価して頂ける金型を作り続けていきたいと思います。
1

2008/5/2

二ヶ月ぶりです。  

二ヶ月ぶりの日記です。

この二ヶ月間は短納期の金型が重なり、とても忙しい毎日でした。
更新型ならば、図面、加工プログラム、放電の電極も前回の物がある程度使用出来ますが、新規の金型ばかりだったので、すべてゼロから作らなければなりません。
土曜日はもちろん、日曜日も休日出勤をして、皆で頑張ったおかげで、なんとか納期に間に合わせる事が出来ました。ご苦労様でした。

明日から、我が社もゴールデンウイークです。
日頃の疲れを癒して、連休明けからの仕事も頑張りたいと思います。
0

2008/3/5

鉄の値上げ  

二月の半ば頃、新日本製鉄やJFEスチールなど鉄鋼大手各社が、鉄鋼原料として仕入れる2008年度の鉄鉱石について、供給元の資源最大手ヴァーレと前年度比65%の値上げで合意したと発表しました。
1トン当たりの価格は80ドル弱となり、07年度と比べ約30ドル上昇することになります。
鉄鉱石の値上げは6年連続で、値上げ率65%は05年の71・5%に次ぐ過去2位の値上げ率です。

そして今日、当社と取引のある鉄鋼業者から、四月からの材料値上げを通達されました。
具体的な価格は未定ですが、かなり大幅に値上げされるようです。
原油価格高騰の影響で、外注業者も加工費を値上げしているわけですが、さらに材料費まで上がると、我々としても非常に痛いですね。
可能な限り、社内在庫の材料を使用する方向でやっていきたいと思います。
0

2008/1/13

伊豆縦貫自動車道  

年度末になると日本全国で道路工事が頻繁に行われます。
勿論、災害被害などで崩壊した道路の復旧作業は必要不可欠ですが、予算を消化するために無理矢理工事している場合も多いと思います。

静岡県東部地区では、10年以上前から伊豆縦貫自動車道の工事が行われています。
伊豆縦貫自動車道は、沼津市の東名高速道路沼津ICを起点とし、駿東郡長泉町の長泉JCTで第二東名高速道路と接続した後、伊豆市を経由して下田市に至る高規格幹線道路で、伊豆半島の縦貫道路と沼津市周辺地域の環状道路という性格を兼ね備えています。
しかし現在のところ、伊豆市修善寺と伊豆の国市田京を結ぶ修善寺道路だけしか開通しておらず、他の地域はいつ開通するのか全く予測出来ません。
なにより道路がどの場所をどのように通るのかさえ、住民のほとんどが把握していないのではないでしょうか。

私の家のすぐ近くも、伊豆縦貫自動車道の道路予定地となっていて、その影響でアパートや民家、水田、畑、工場、飲食店、スーパー、銀行などが移転や廃業をしています。
これでは道路が増えるメリットよりも、普段の生活が不便になるというデメリットの方が大きいのではないでしょう

高齢化社会へと突き進む日本において、何が必要で何が不要なのか、政治家だけでなく我々自身も、一度冷静に考えてみる必要があるのではないでしょうか。
1

2008/1/1

謹賀新年  

新年明けましておめでとうございます。

本年も共和金型製作所をよろしくお願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ