伊森増田アーキテクツ

海の傍の湘南アトリエ  住宅設計・環境計画・建築設計・デザイン・工事監理 どんなことでも、お気軽に、ご相談はいつでもどうぞ。

 

作品ダイジェスト写真

最近のコメント

 

検索



このブログを検索

メッセージBOX

趣味・活動

●海・山・川等なんでもコイ。アウトドア歴:小学生〜39年:野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・釣り・自然薯&筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●釣歴:小学生〜39年:前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年:親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。しかし、職人の血が騒ぎ自ら作る。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年:湘南地区藤沢エリアに関係している。叔父がリーダーだったので子供の頃入団。各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

最近の投稿画像

最近の投稿画像


最近の投稿画像
建築看板設置 ハン…

最近の投稿画像
木構造デザインを考…

最近の投稿画像
春の恵み

最近の投稿画像
久しぶりのSFC

カレンダー

2022
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

住宅:風情ある秋田杉の外壁

美しい秋田杉・・・竪羽目で住宅の木板外壁を造りました。
ところが、近所の猫の爪とぎに最適だったようで、猫が寄ってきて杉板を引っ掻いているらしいのです。
人も好むが、猫も好む外壁だったようです。

当初は、一定の場所数箇所と同じ高さに何故傷があるのか、わからなかったのです。
よくよく観察して推理してみると・・・傷跡の高さが一律で爪跡も同じ=これは猫の仕業だと断定しました。しかも8箇所ありますから、複数の猫の仕業に違いありません。

そこで対処防御方法を考えました。
野良猫か飼い猫かも不明でしたから、きつい猫対策をするわけにもいきません。
そうすると、爪とぎをしたくないように仕向けることは何か?と考えました。

強烈な塗料を塗る・・・これは人にも刺激臭がきついし、化学薬品関係の環境問題もあります。
硬い材料を該当箇所・高さに貼って防御する・・・杉外壁にマッチする適した材料に良いモノが無く、付け足したようでみっともないし、格好悪いです。

そこで、木酢のことを思い出しました。
私のダイコン畑の虫除けに使っていたものでした。
調べてみると・・・犬猫除けにもなるとのこと。

●木酢液:木材を炭化する時(炭作り)に出る煙を冷却して得られる天然素材。
そのスッパイ燻製的な香りから、薄める濃度によって虫とかモグラ、猫、犬が近寄らなくなる。
100〜400倍色々ランクの薄め方で植物も元気になる自然系天然環境素材。


これはいいです。薄めないで原液のまま軽く霧吹きで吹き付けるだけ。
一週間に一度でよいとのこと。
この燻製酢の臭いが動物は苦手のようで近寄らなくなる・・・動物を傷つけないで済むし、人間にはほとんど匂わない。
人・動物共、健康にも害はなく、虫も寄らず環境にも良い。
犬猫専用のパッケージモノも売っていましたが、これは高かったです。
ですから、農業用の廉価品を購入して対処しました。
・・・猫は寄ってきていないようです。
クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:imorimasuda
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ