伊森増田アーキテクツ

海の傍の湘南アトリエ  住宅設計・環境計画・建築設計・デザイン・工事監理 どんなことでも、お気軽に、ご相談はいつでもどうぞ。

 

作品ダイジェスト写真

最近のコメント

 

検索



このブログを検索

メッセージBOX

趣味・活動

●海・山・川等なんでもコイ。アウトドア歴:小学生〜39年:野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・釣り・自然薯&筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●釣歴:小学生〜39年:前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年:親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。しかし、職人の血が騒ぎ自ら作る。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年:湘南地区藤沢エリアに関係している。叔父がリーダーだったので子供の頃入団。各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

最近の投稿画像

最近の投稿画像


最近の投稿画像
建築看板設置 ハン…

最近の投稿画像
木構造デザインを考…

最近の投稿画像
春の恵み

最近の投稿画像
久しぶりのSFC

カレンダー

2022
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

0317 打合せに行く途中で・・・

今日、仕事で打ち合わせに行く途中、横浜瀬谷広大な米軍用地:広場草原脇・桜並木の海軍道路際で、きれいな野鳥を見つけました。

全体の体色はウグイス色なんですが、背中からの羽根の模様がきれいな緑・薄緑の縞模様でした。

渋滞だったので、運転席から左の土の歩道部分を見ると、雀・ウグイスくらいの大きさで、濃淡の緑色&草色・黄緑色の縞模様のきれいな羽根の野鳥を見つけました。
土に落ちている何かをついばんでいました。

運転席から写真を撮りました。

私は、野鳥も好きです。観察することも・・・他も。
禁断のツグミには手を出していません・・・念のため。

この野鳥を検索していたら、愛媛県の松山中央高校のバードウオッチング部のHPにそっくりな写真(一番下のもの)がありました。
アオジという鳥のようです。

スズメ目(PASSERIFORMES)
ホオジロ科 (EMBERIZIDAE)
英名: Black-faced Bunting
学名: Emberiza spodocephala
全長: 16cm
留/漂鳥。
平地から山地の林や草原。
薄暗い林道付近や茂み、葦原などで生息する。

成鳥夏羽では頭から背が灰黄緑色。嘴までの目先が黒。上面は淡茶色、下面は黄色で、胸と脇腹に黒褐色の縦斑が入る。
成長冬羽は、夏羽よりも全体に淡色となる。

地鳴きは「ツェッ」とカシラダカと同様に一声づつで鳴く。
さえずりは「チャッ、チョチョー、チリリリリ、チョピーョチュピチー」など、ノジコのさえずりに似ている。ホオジロのさえずりよりも長く、間に鈴を鳴らすような「チリリリ」が入る。

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:imorimasuda

建築家なしの建築

建築家なしの建築:B・ルドフスキーの名著を久しぶりに開いた。

無名性・・・ernacular<風土的> Indigenous<土着的> Spontenous<自然発生的> Rural<田園的>という言葉の持つ真意について考えたみたが、うまく考えがまとまらない。
デザインする行為・・・環境問題にからむと様々な課題があると思う。
・・・難しい。
0
投稿者:imorimasuda

基本・実施設計始動

提出していた住宅計画の提案が選定されました。

ご選定くださったKさん、ありがとうございます。
更に改良検討し、より良い住まいとなるように努力していきたいと思います。
様々な条件を取り込みながら、魅力的な住居の実現を志したいと思います。
基本設計・実施設計・工事監理等、竣工に向けて更に頑張っていきます。
今後も、よろしくお願いいたします。

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:imorimasuda

茶室  正月 おもてなし

クリックすると元のサイズで表示します

要望により、自宅に茶室を設計、作ってあるのですが・・・

使う時は少ない感じ・・・


写真は、お正月明け、ユナイテッドキングダム:UK(英国)の女性・16歳と17歳が我が家にホームステイした時のもの。
世界ジャンボリー参加の英国のガイド2名:日本で言うガールスカウト。

最近では、ホームステイはホームホスピタリティ=HOHOと呼ぶとのこと。
0
投稿者:imorimasuda

あけましておめでとうございます

クリックすると元のサイズで表示します

今年もよろしくお願いいたします。
0
投稿者:imorimasuda

3次元立体で考えたほうが・・・

やはり、2次元の図面・スケッチのみの検討では、デザイン未消化だとあらためて思った。

わかってはいるものの、どうしても模型での検討が遅くなってしまう。
早めに作って、3次元の立体で考えたほうが、実は早くデザインできる。

平面的な理解だけではなく・・・全体空間の把握が大切であり、空間構成と細部のデザインイメージ・構造の骨格が構想・想像できる模型の力は大きい。
クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:imorimasuda

多忙だと・・・ついつい後回し

最近、忙しかった。
年賀状を作る心の余裕がなかった。

やっとのことで、原稿を作成・・・これから出すので元旦には間に合わない。

去年はもっと余裕がなかったことを思い出した。


0
投稿者:imorimasuda

気分を変えて・・・

最近、行っていない気持ちの良い磯に行こうと思っているが、忙しくて行けない。

徐々に寒くなってくるので、益々足が遠のいてしまう。

陽が落ちるのが早いし、陽が昇るのも遅い。

しかし、今年中には一度は行って深呼吸したい・・・朝日を見ながら。

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:imori masuda takao

素晴らしい

建築視察、次の計画調査のために茨城から群馬へ

水戸の図書館から筑西の図書館そして群馬県立館林美術館 を視察。

第一工房設計の館林美術館は、とても素晴らしかった。

ランドスケープの見事さ、建築の構成と配置。

夜景の美しさに感嘆。

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:imori masuda takao

建築の表情

中心市街地に計画中の住居。

道路側の表情・ファサードについて試行・スタディをする。

シンプルで落ち着いた印象にしようと思う。

古い街道に面していることに配慮して。


*画像にある色は、PC上のレイヤーカラーであって、実際の色ではないです・・・

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:imori masuda takao

思い出したこと

先日は、所要で六本木ヒルズ森タワーの8階にある某企業のA氏を訪ね、色々と相談、打ち合わせ・・・

久しぶりにテレビ朝日のアトリウムにあるカフェで休憩。
庭園を眺めながら、のんびりとした時間を過ごしました。

かつて勤務していた槇総合計画事務所で、六本木ヒルズテレビ朝日本社の設計・工事監理を主任設計者として担当していた頃を思い出しながら・・・
企画・基本計画・基本設計・実施設計の期間は6年、工事が3年・・・

長い長い時間、難しい課題、計画の複雑さ・・・等々、苦労が多かった時のこと・・・

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:imori masuda takao

ラチエン通りから海へ・・・散歩

日の出・朝日の美しい清々しい早朝、海岸まで散歩に行ってきました。
歩いたルートは・・・

茅ヶ崎には、サザン通り(旧雄三通り=旧旧上原通り)、鉄砲通り、ラチエン通りなど、有名人の名前の通り:ストリートがありますが、近くのラチエン通りから歩き始めて、海岸まで行ってきました。


ラチエンは昔住んでいた有名外国人さんの名前でサザンの歌(ラチエン通りのシスター)の題名にもなっています。
ラチエン通り沿いの海の近くには、開高健記念館があります。
開高健記念館のすぐ南側がホテルパシフィック。

ホテルパシフィックは加山雄三の父:上原謙が作り経営に失敗、長い間廃墟になっていましたが、数年前に取り壊されました。
このホテルは、昭和高度成長期に建てられたものですが、日本戦後モダニズム建築の名作と評価されていました。
設計者は国際的評価の高い建築家の菊竹清訓氏。菊竹先生自ら設計した自邸「スカイハウス」は、何とドイツの中学の美術の教科書にも載っていました。

ホテルパシフィックの跡地は、今は南欧風高級リゾートマンションになっています。徒歩1分でサーフィンができるこのマンション、人気があるようです。

サザンの歌にもなっている「ホテルパシフィック」の南側の浜の石積みテトラがヘッドランド:Tバーです。地元の釣人:釣具屋では「パシフィック下・パーク下」と呼ばれている場所です。
昔、このホテルの場所をパシフィックパークと呼んでいたため、「パーク下」と今でも言うそうです。

歌で有名な烏帽子岩は南真正面になります。
台風の影響を受けた時には、海が荒れているのでサーファー・ボディボーダーで満杯です。この浜の砂流失防止に作られたテトラを積み上げたT型の人口小型岬ヘッドランドを「Tバー」と呼んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:imorimasuda

住宅:風情ある秋田杉の外壁

美しい秋田杉・・・竪羽目で住宅の木板外壁を造りました。
ところが、近所の猫の爪とぎに最適だったようで、猫が寄ってきて杉板を引っ掻いているらしいのです。
人も好むが、猫も好む外壁だったようです。

当初は、一定の場所数箇所と同じ高さに何故傷があるのか、わからなかったのです。
よくよく観察して推理してみると・・・傷跡の高さが一律で爪跡も同じ=これは猫の仕業だと断定しました。しかも8箇所ありますから、複数の猫の仕業に違いありません。

そこで対処防御方法を考えました。
野良猫か飼い猫かも不明でしたから、きつい猫対策をするわけにもいきません。
そうすると、爪とぎをしたくないように仕向けることは何か?と考えました。

強烈な塗料を塗る・・・これは人にも刺激臭がきついし、化学薬品関係の環境問題もあります。
硬い材料を該当箇所・高さに貼って防御する・・・杉外壁にマッチする適した材料に良いモノが無く、付け足したようでみっともないし、格好悪いです。

そこで、木酢のことを思い出しました。
私のダイコン畑の虫除けに使っていたものでした。
調べてみると・・・犬猫除けにもなるとのこと。

●木酢液:木材を炭化する時(炭作り)に出る煙を冷却して得られる天然素材。
そのスッパイ燻製的な香りから、薄める濃度によって虫とかモグラ、猫、犬が近寄らなくなる。
100〜400倍色々ランクの薄め方で植物も元気になる自然系天然環境素材。


これはいいです。薄めないで原液のまま軽く霧吹きで吹き付けるだけ。
一週間に一度でよいとのこと。
この燻製酢の臭いが動物は苦手のようで近寄らなくなる・・・動物を傷つけないで済むし、人間にはほとんど匂わない。
人・動物共、健康にも害はなく、虫も寄らず環境にも良い。
犬猫専用のパッケージモノも売っていましたが、これは高かったです。
ですから、農業用の廉価品を購入して対処しました。
・・・猫は寄ってきていないようです。
クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:imorimasuda

進行中

クリックすると元のサイズで表示します

現在進行中のプロジェクト。
ただ今、様々な試行錯誤を繰り返し、各種各部の詳細図を作成しています。

敷地地盤調査を終了、この敷地はすこぶる固い良い地盤だと確認しました。
構造専門家と施工者と打ち合わせを行い、全体の構造方針を決定しました。
実施設計・詳細等が進行中です。
原寸(1:1)から1:10で検討・・・1:20、1:50の縮尺が基本jです。
0
投稿者:imori masuda takao

地盤調査と旬の柿

クリックすると元のサイズで表示します

13日、地盤調査を行いました。
地盤専門家にヒアリングして行いました。構造設計者のH氏に来ていただき、確認。
調査結果の考察と設計内容への反映等、打ち合わせを行いました。
結果は良好、スムーズに進行しました。

その調査時、打ち合わせ・確認をしている休息時に・・・その家のご主人が、庭に実っている柿を取ってくださり、いただきました。今年初めて食べた柿・・・とても甘くおいしかったです。
ありがとうございました。
0
投稿者:imori masuda takao
1 2 3 4 | 《前のページ | 次のページ》
/4 
 
AutoPage最新お知らせ