2008/10/6  21:26

ロバート・B・パーカーとも長い付き合いだ  

週末にジェッシィ・ストーン・シリーズの新作「容赦なき牙」を読了。
今やスペンサー・シリーズよりもキャラ立ちが良くなっている気さえする。
これにサニー・ランドル・シリーズも加え、3シリーズが読めて飽きさせない。
以前は年末のスペンサーものを楽しみにしていたのに、今やすぐに彼の新作が読める。
シリーズもののほかにも西部劇やフィリップ・マーローの復活モノと御大76才にして
絶頂期を迎えてる感さえする。
初めて読んだのが「失投」'75だから高校か大学の始めのころなのだろう。
かれこれ30年以上だから相当数読んでいるに違いない。初めてボストンへ行ったときも
何となくその辺にスペンサーがいるような気がしたものです。
11月に西部劇モノ、12月にスペンサー・シリーズと続けて出るので年内一杯お楽しみは続く。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ