2011/9/21  22:22

まあ、初戦はこんなもの  スポーツ

早期帰宅の報が出たので16:30に会社を出る。構内の欅の木が倒れてブリッジに損傷を
与えるなど影響も見て取れた。すでに総武線は不通、都営地下鉄経由で秋葉原に着くも
日比谷線が中目黒の事故で止まっているらしく人が群れている。足をつくばエクスプレスに向け、
こちらに乗って帰ってきた。しかし駅から家までの15分程度の道のりの風の強さと言ったら、
傘を持つ手が視界を奪い怖いくらいだった。信号の所はもちろん、交差点でも慎重に歩いていた。
下半身ずぶぬれで帰れば、昨日のうちに閉じておいた雨戸が1枚はずれている。築35年敷居が
減っていてだらしがない奴である(爆)。シャワーを浴びて、メシを食ってやっと落ち着いた。
それでも家には1時間30分程度で着いたのでラッキーと思おう。

台風も九州には関係ないらしく、晴れた空の下20時過ぎにロンドンを目指すサッカー五輪の
最終予選が始まった。結果は「もっと点取れただろう」と言いたくなる2−0の勝利。
ほとんどマレーシアになにもさせない完勝であるが、初戦の難しさからか2点止まりだった。
開始10分で東のゴールが決まった時には、さすがにセルジオ越後も珍しく褒めていたが
時間が経つにつれていつもの辛口の解説になった。次は越後氏のほめる時間を長くするのも
目標だろう。しかし選手の動きは悪くなかったし、選手層の厚さも感じる。問題なくロンドンへ
行けるものと信じている。もはや行くだけでは物足りないので、ぜひメダルを取れるように
選手を鍛え上げてもらえるよう関口監督にはお願いしたい。「ロンドンからブラジルへ」と
A代表の底上げとなるべき選手達であり、既に清武を始め数名が名乗りを上げていることが
頼もしい。次の試合もたのしみである。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ