2011/11/21  7:51

激動の2011年プロ野球閉幕 勝者はソフトバンク  スポーツ

中日最後まで打てなかった。内川に3点目取られた段階でアウト。最終回にファルケンボークが
打球を受けて交代して見せ場を作ったが、何もおきなかった。苦汁を飲み続けたソフトバンクが
最後に勝つ筋書きは野球界的には良かったのではないか。これで長かった2012シーズンも
終わりです。まさか11月後半まで公式戦があるとは思わなかった。震災で開幕が遅れたが
来期は平常に戻る訳で、選手はオフが少なくて大変ですね。でも、選手会が望んだことだから
しょうがない。落合監督も交代するし、横浜は身売り、巨人は内紛と来年のセリーグは
どうなることやら。それ以外にもFAやポスティングで選手が内外へ流出しそうなので来年の
勢力地図は大きく変わりそうだ。魅力ある野球界の再構築の年になって欲しいと願っている。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ