2011/11/26  12:29

球界色々  スポーツ

昨日、大毎、阪急、近鉄などで監督としてならした西本幸雄氏が亡くなった。91歳の大往生。
ワタシにとっては阪急の監督としてV9時代の巨人に立ち向かっていた姿が記憶に強い。
足立、梶本、山田、矢野、長池、スペンサーと力強い猛者を擁しても巨人を倒せなかった。
スペンサーが大リーグボール1号の刺客として「巨人の星」に登場したのも懐かしい。
誌上で西本さん「もろた、これで3勝3敗のタイや」と叫んでいたのが思い出されます。
この時の遺産で上田監督は日本シリーズ3連覇(広島、巨人、巨人)できたのだと思ってます。
選手達からオヤヂと愛された素晴らしき監督。昭和の野球が懐かしい。合掌。

FAが始まり、横浜の村田が巨人に来るという噂だが少しも嬉しくない。FAになってから
生涯1球団のミスター××と言う人が少なくなってしまった。これってファン心理としては
寂しいものだ。村田はできるなら新装なる横浜に残って欲しい。現役で言えば阪神へ移った
金本と新井もそうあるべきだった。そういう意味では栗原の残留や海を越えて赤ヘル愛を
訴える黒田には泣かされる。巨人の小笠原も日ハムが強くなったのに移籍はなかったよ。
1県1チームのフランチャイズ制と生涯おらがチームのスター、こういった構造が野球界には
必要なはずなのだが。

清武問題は早く終えないといけませんね。野球界にとって負の連鎖になりかねない。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ