2012/8/30  22:01

LIVEに行こうよ!  音楽

厳しい残暑が続いてますが、8月も明日で終わり。初秋を迎え、内外に遠征に出ると共に
LIVEも沢山行きますよ。何と9月は二桁達成。体調に気遣いながら、夜な夜な出没致します。


★Eric Andersen 9/5@Billboard東京 カジュアル 4,500円〜

クリックすると元のサイズで表示します

「コヨーテの泣く声」で歌う"Blue River"は最高です。アリスタでの時代に媚びたような
POPな曲も結構好きなのです。リーズナブルな価格もGoodです。


★東京JAZZ 2012 "The Songs" 9/8@東京国際フォーラムA A席 6,500円〜

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2階なれどヤフオクで5,000円落札。お初のバカラック、とっても楽しみです。TAKE 6もお初。
Ben Eは昔、札幌時代に大木トオルと来たのを見に行ったことがある。いずれにしても
Jazzではありませんね(笑)。13:00からのマチネ公演。


★やもり 9/8@大田区民ホール アプリコ A席 4,500円〜

クリックすると元のサイズで表示します

矢野顕子と森山良子の大人のフォークソング・デュオが久々の登場。東京JAZZの終了予定が
16:10、やもりの開演が17:00。有楽町から蒲田へ速攻で移動のWヘッダーです(汗)。


★ミリオンダラー・カルテット 9/9@東急シアターオーブ A席 7,000円〜

クリックすると元のサイズで表示します

S席をヤフオクで3,001円落札。ミュージカルですが、生バンド演奏ですから疑似コンサート。
言わずと知れたサン・レーベルの奇跡の一夜の物語。マチネです。


★The Jayhawks 9/14@The Wellmont Theatre,Montclair 指定 $41.25

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

フォーク・ロックの正統な後継者。フロントの二人のボーカルが素敵です。New Jerseyの
外れの街でのGigへ向かいます。前座がHayes Carllってのも嬉しいオマケだ。


★Bill Frisell 9/15@St. Ann & the Holy Trinity Church,Brooklyn $31.5

クリックすると元のサイズで表示します

早朝8時からブルックリンの教会で、ミサならぬBill Frisellのギターを。Jazzの枠を超えた
Americanaでもあるギターは目覚めさせてくれるのか、気持ちよく眠らせてくれるのか?


★The J Geils Band 9/15@Tropicana Showroom,Atlantic City 指定 $88.25

クリックすると元のサイズで表示します

Wヘッダー第2試合は、Atlantic Cityへ。男気溢れるバンドだGeilsは。しかし契約の問題か
ギターのJ Geilsは不在........だからってPeter Wolfのガッツが損なわれるはずはない。
クアトロの熱唱をまた見せておくれよPeter。


★The Avett Brothers 9/16@Bank Of America Pavilion,Boston 指定 $54.85

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカーナのいかしたバンド、アベット兄弟。ここ数年、かなり気に入ってます。
海辺の風が心地良い会場で気持ちよくなれると嬉しいね。


★京都音楽博覧会 9/22@梅小路公園 自由 8,888円

クリックすると元のサイズで表示します

LCCに魅かれ京都に飛来、再びの京都音博。ヤフオクで5,000円落札。半分は知らない人
ですが、野外のイベントですので出たり入ったりしながら、ビール片手にまったり見るとします。


★パイレーツ・カヌー 9/23@拾得 自由 1,000円

クリックすると元のサイズで表示します

京都の一夜、老舗の店へ噂のパイレーツ・カヌーを聴きに行くつもりです。


★Rickie Lee Jones 9/28@Blue Note東京 自由 9,000円

クリックすると元のサイズで表示します

9月最後は魔女リッキー。型に収まらない歌いっぷりにはいつもビックリさせられる。
さて、この日は何を聴かせてくれるのか。


9月は何と11本、アメリカに京都とお忙しはM気の極め。
1日は映画の日だから「プロメテウス」でも見に行こうかな。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ