2012/12/27  23:27

2012年ベスト10 −再発・発掘編−  ベスト10

リスナー生活も長くなると新譜よりもリイシュー物が楽しくなるものです。アナログの時代には
収録時間の関係でアウトテイクとなった音源も、CDでのリイシューではボーナストラック
として日の目を見るものが増えている。ここ数年のFame倉庫の大棚ざらいは、次から次へと
金脈を発掘する。今年もいくつもリリースされ、これらが中心のランキングとなったしだい。
もはや初CD化と言う名目でのストレート・リイシューでは満足できないのが実情である。
但し、手を変え品を変えての再リリースで、だまされたと思うような品もあるし、欧州を
中心としたブートまがいのLIVE盤のリリースも少なくない。授業料を払いながら、人間は
見る目を養っていくものです。そんな我が耳を賑わしてくれた発掘音源はこんな奴らです。

1.The Fame Recordings / Dan Penn
クリックすると元のサイズで表示します
こいつに胸躍らされたオヤジ達は多かった。デモを超えた素晴らしいサウンド・プロダクション。
良い曲と共に渋いノドが耳に引っかかる1枚。Fameの倉庫にはどれだけ未発表のお宝が
眠っていることやら。今後も期待できる1枚であり、今年ダントツの1位でした。

2.The Hidden Treasures Of Taj Mahal 1969-1973 / Taj Mahal
クリックすると元のサイズで表示します
「秘宝」と名付けられたスタジオとロイヤル・アルバート・ホールでのLIVEの初期2枚組。
未発表なれど音も演奏も抜群のでき。Dan Penn盤と双璧の1枚。凄いよこれも。

3.Release Me / Barbra Streisand
クリックすると元のサイズで表示します
Barbraも未発表集をリリースしてきた。作者Randy Newmanがピアノで伴奏する"I Think
It's Going To Rain Today"も素晴らしいが、"Try To Win A Friend"にグッときましたね。

4.Let The Best Man Win The Fame Recordings Vol.2 / George Jackson
クリックすると元のサイズで表示します
昨年のVol.1に続き、今年はVol.2がランクイン。元々スタッフ・ライターな人だけにデモは
結構とっていると見えて、今まで随分未発表曲が出てますね。それもクオリティが高く
ビックリさせられます。Fame倉庫の探検は何時まで続くやら、楽しみはつきませんね。

5.Live At The Carousel Ballroom 1968 / Big Brother And The Holding Company
クリックすると元のサイズで表示します
Janisでは「Pearl Sessions」というのも出たのだが、こちらの荒々しいLIVEを評価。
というか「Pearl」は何度もリイシューされていて食傷気味というのが本音か(爆)。
しかしJanisの歌いっぷりは素晴らしい。唯一無二の人です。

6.The Last Real Texas Blues Band Live In Stockholm / Doug Sahm
クリックすると元のサイズで表示します
晩年のLIVEだが、彼独自の豪放さが満喫できるのが嬉しい。息子Shawnも入っているが
今や倅も立派にTexas Tornadosを率いているのが時の流れを感じさせる。

7.Radio Fun / The Hollies
クリックすると元のサイズで表示します
Graham Nash好きとしてはHolliesも必須。このBBCのLIVEは32曲も入ってるんですね。
流石ラジオ時代の3分間ミュージック。個人的にはBeatlesよりもHolliesを愛しております。

8.The Complete Epic Recordings / Rick Nelson
クリックすると元のサイズで表示します
RickyはPop & オールディーズ、RickはRockと思っていたのですが....宇田師匠にあっさり
「特に違いはないんじゃないの」と言われてしまいました、トホホ。このアルバムは
複数のセッションで同じ曲が何回か出てきますが、適度なRock感が気持ち良いです。
ワタシにとっては永遠に「リオブラボー」の人なのですが。

9.The Legendary Demos / Carole King
クリックすると元のサイズで表示します
はっきり言ってまったくのデモです。これならオリジナル・アルバムを聴いた方が
良いのですが、それでも切り捨てられないのがファンの悲しい性(爆)。

10.The Notes And The Words / Sandy Denny
クリックすると元のサイズで表示します
どれだけアイランド・レーベルに騙され続けるのでしょうか。また買ってしまった....。
どこかで聴いたような気がするが、未発表集と聞けば又手に入れる有様。もはや病気。
それでも慈愛に溢れた彼女の歌が好きなのです。Fotheringayに聴ける演奏が、
Indigo Girlsっぽいのに気がついた。それってIndigo Girlsが似ているんですね(爆)。


FameのようにStaxとか南部のスタジオが棚卸されるのを願って止みません。
お化けじゃないが、また来年もいろいろと出てくるのが楽しみです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ