2012/12/28  21:30

2012年ベスト10 −DVD編−  ベスト10

生音好きですのでLIVE会場へ赴くのは基本ですが、我が家でも様々なLIVEを画面の中より
楽しんでいます。来日してくれなくても最近は大画面だし、Blue-Rayなどで映像も綺麗。
スタンディングで見ることもなく、ゆったりと見れるのも利点の一つ。円高還元として
音盤と共に映像も楽しんでおります。昔の映像もありますが、ここも2012年発売しばりで
10枚上げてみました。

1.Live From The Artists Den / Robert Plant & The Band Of Joy
クリックすると元のサイズで表示します
ZepのLondon LIVEも出たのだが、Buddy MillerやPatty Griffinらと深層アメリカを追求した
こちらをセレクト。今やBuddy Millerはアメリカーナの最重要人物と思ってますので。
Zepの曲もやってるが、Alison Kraussとはまた違ったコラボで楽しませてくれました。

2.Big Easy Express / Various
クリックすると元のサイズで表示します
現代の「Festival Express」として、列車で旅を続けるミュージシャン達のドキュメント。
アメリカの原風景と共に屋外でのLIVEの解放感が素晴らしい。時間は短いが、Blue-Rayと
DVDの2枚組ながら日本語字幕付かつ安価なのも嬉しい。ここでもMumford & Sonsが大活躍。

3.In Session / Glen Campbell And Jimmy Webb
クリックすると元のサイズで表示します
1988年のスタジオ・ライヴが唐突に登場。Jimmy Webbはボーカルを取らずにピアノ・サポートに
専念しているが、彼の楽曲を歌うGlen Campbellが悪いはずはなかろう。"Wichita Lineman"
好きです。Glenがアルツハイマーで引退を表明しているのを思うと、少し寂しいですね。

4.Live At Rockpalast 1978+1980 / Graham Parker & The Rumour
クリックすると元のサイズで表示します
中野サンプラザでの初来日を思い出させる映像です。1曲目の"Stick To Me"にぶっ飛んだのも
懐かしい。パブ・ロックを生で見たのもこれが初めてだったな。個人的に嬉しかった1枚。

5.Under African Skies / Paul Simon
クリックすると元のサイズで表示します
再会Gracelandといった趣でPaul Simonが南アのミュージシャンとLIVEを行うもの。
かってはアフリカからの搾取とも囁かれたが、現地ミュージシャンの多くが「兄弟」として
集っている。真相はどうあれ、Paulのギャラの払いの良さが想像できます(笑)。

6.Live At The Ark In Ann Arbor,MI July 2nd,2011 / Dave Alvin & The Guilty Ones
クリックすると元のサイズで表示します
「Eleven Eleven」の拡大版に付いたLIVE VIDEOに熱くなる。昨年見たLIVEと同内容だけに
身近に感ずるところも強い。男だけのGuilty Men、女だけのGuilty Women、そして今は男女
混合のGuilty Oneを率いる。「男だぜ!Dave」とつい叫びたくなる発汗LIVEです。

7.2012 / Crosby,Stills & Nash
クリックすると元のサイズで表示します
いつも変わり映えしない3人だが、彼ら以上の3声のハーモニーはそうない。Neilがいない方が
まとまりが良いのよね。Stillsが好調で演奏も良い。バックのギターにはピーター・バラカンの
弟、Shane Fontayneの顔も見えます。

8.Checkerboard Lounge Live Chicago 1981 / Muddy Waters,Rolling Stones
クリックすると元のサイズで表示します
こういったものが残っていることにビックリ。Stonesは遊びで参加程度で他のブルース・
ミュージシャンの場面もあり、過大広告的な感じもするが許す!Stonesは商売人ですから。

9.Sandy Lam Concert / Sandy Lam
クリックすると元のサイズで表示します
昨年、香港コロシアムで見て来たLIVE DVDの登場。記憶も新たに、Sandyの歌の上手さに
聴き惚れる。訳の分からないK-POPは要りません。いまだにワタシはマンダリン・ポップスが
好きです。

10.Microbio Vivo / Adriana Calcanhotto
クリックすると元のサイズで表示します
こちらも昨年来日公演を見た、ブラジルのアドリアーナ姉さんのLIVE DVD。凛とした
たたずまいが何ともカッコイイ。来日時の新幹線移動や着物を着て喜んでいる場面も収録。
また来日して欲しいと願っております。ブラジルの女性も綺麗な人が多いですね。


Beach Boysの50周年はライヴ編で。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ