2013/2/9  20:03

まだ生きている?  音楽

本日、米国から届いたこんなDVDを見ていた。

クリックすると元のサイズで表示します

Paul Williamsのドキュメンタリー・ビデオ。ロックではなくポピュラー・ミュージックの人。
SSWだが、ロジャー・ニコルズと組んでカーペンターズやスリー・ドッグ・ナイトに楽曲提供した
作曲家の顔の方が有名かもしれない。結構、好きでしたね。俳優もしてたがこちらはイマイチ。
米国でも過去の人として忘れられた彼の近年を追っている。日本で言う地方営業のような事を
しているが、カナダのファン・イベントやフィリピン公演で大歓迎されている様が微笑ましい。
フィリピンってAORとかポピュラー・ミュージック好きな体質ありますからね。過去の映像が
たくさん見れるのが個人的には嬉しかった。最近のLIVE映像も特典映像として5曲見れるし。
日本で制作した1997年の「Back To Love Again」ってのが最後のアルバムなのだろうか?
日本人としては、これにもちょっと触れて欲しかったと不満が残ります。昔、東京音楽祭で
来日しましたよね。それも忘れられた話か........

クリックすると元のサイズで表示します

ひょっこりBillboard東京あたりに来てくれないかしら。そんな事を夢想してます(笑)。



1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ