2013/2/28  22:39

声の力を感じます  音楽

本日、Billboard東京でThe Manhattan Transferを見て来ました。何と初めて見ましたが
流石に素晴らしいコーラス。視覚的に年は隠せないが、声は衰え知らずステキの一言。
ディナー付チケットなので珍しく1stセットで見て来た。結構料理も美味しいのよね。

リズム隊を従えたピアノ・トリオがバックだが、声の重ね方が素晴らしくて簡素な感じが
全然しなかった。彼らのボーカルを邪魔しない上手い連中でしたね。両方の階段から
"Tuxedo Junction"を歌いながら出てくる小粋なスタート。ジャズ・ボーカル、ハーモニー
ボーカルと思われているが、見ているうちに太い根っこはホワイト・ドゥーワップなのだと
思いましたね。ボーカルの構成なんかを見てもそんな感じ。途中、Cheryl Bentyneが
Melody Gardotの曲(曲名不明)を、Alan Paulが"Only You"をそれぞれソロで歌った以外は
4人が各曲でメインを張りながら四声の見事なコーラスワークを聴かせてくれた。
"Route66"や"Java Jive"も良かったが、個人的に一番楽しかったのは"Soul Food To Go"。
最高に耳に気持ち良かったのです。但し一番ウケていたのはやっぱり"Birdland"だった。
アンコール2曲を含めても65分足らずと短かったのだけが、少し不満。年長のリーダー
Tim Hauserもまだまだ元気、Janis Siegelにはもう少し弾けて欲しかった....そう言えば
"Operator"も"Twilight Zone"もやらなかったから、そんな印象を持ったのかもしれない。
やはり2部の方が美味しいのかもしれませんね。自分は勝手にそう思っておりますので。
もっとタップリ聴きたくなったので、次の機会を楽しみに待つとします。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ