2013/3/31  20:05

現役感強し、化石にはならず  音楽

夜な夜な遊んでいるとまともに風呂にも入れん......と言う事で今日のShuggie Otis@Billboardは
1stで見て来て19時には家に帰ってきた。バックはベース、ドラムス、ギター、キーボード、
管が3本にShuggieのギターの8人構成。結構な大所帯だった。定時の16:30(早ッ!)に
"Inspiration Information"から始まったのだが、サックスやトランペット、フルート等の管が
入るので結構ファンキー。Funk、Jazz Funkみたいなノリの曲が多くカッコ良かった。
こてこてのブルース曲も1曲あったが、それよりも時々聴こえるメローな感じの方が心地良い。
ベースの人もチョッパー弾いたりとうねっていたな。ドラムスは弟、キーは甥っ子、ギターは倅と
ファミリー・バンドだったのね。途中、Shuggieのギターのラインが不具合だったようだが、
その間はメンバーが演奏を繋いでいた。まあ、初日らしいハプニングですか。ボーカルは黒さ
よりもどちらかと言うとメロー。時折感じたのは70年前後のサンフランシスコ・ベイエリア辺りの
ごった煮的な音か。ShuggieのMCから"Strawberry Letter 23"と発掘された"Wings Of Love"は
やったようだが、他はイマイチ不明。それでも終始、現役感タップリでカッコ良い演奏だったね。
アンコール無しの70分。やっぱり1stはこんなものなのでしょうか(笑)。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ